2009年03月23日

バラク・オバマと7つのアメリカ

2009年、第44代アメリカ合衆国大統領に民主党のバラク・オバマ氏が就任しました。
史上初の黒人大統領は、いかにして誕生したのか。その複雑なプロセスを越智道雄氏が追いました。



誰がオバマを大統領に選んだのか

アメリカは北から順に4つの文化圏に分けられ、それぞれの担い手は、出自も移民した時期も異なります。
北部帯文化圏
移民第2波で、ニューイングランドに上陸したピューリタン。民主的に運営される共同体(タウンシップ)は、WASP文化の良き遺産。
ミッドランド文化圏
クェーカー教徒による移民第3波。他宗派・他民族に寛容で、女性の地位も高い。
高地南部文化圏
最後発の移民で、荒涼たるアパラチア山脈に入植した荒くれ者。終末思想・キリスト教右翼と親和性が高い。歴代大統領を最も多く輩出している集団でもある。
沿岸南部文化圏
ヴァージニアに入植した最初の移民たち。イギリスから奴隷制度を持ち込んだ。
※WASP=White,Anglo Saxon,Protestant(白人・アングロサクソン・プロテスタント)

以上に加えて、さらに3つの文化圏を見だすことができます。
大盆地文化圏
モルモン教徒の聖地・ソルトレイクシティ周辺。
大ニューヨーク文化圏
数多くの人種が混在する、非WASPの首都。
南カリフォルニア文化圏
有色人種の人口が白人を上回る、ロサンゼルスが中心。

オバマ氏を支持したのは、ミレニアルズ(またはジェネレーションY)と呼ばれる人種を超えた若年層と、タウンシップの精神を継承する高給取りの白人男性層でした。
黒人とはいえ白人女性を母にもつオバマ氏は、奴隷の子孫ではなく(Obamaはアフリカ姓)、公民権運動への参加経験もありません。そのため当初は、黒人層の間でも彼への反発がありました。
しかも彼はアメリカ本土ではなく、ハワイ州の生まれ。オバマ氏はアメリカ社会における、絶対的アウトサイダーだったのです。

本選で敗れはしたものの、共和党の大統領候補者ジョン・マケイン氏が魅力的な人物であることも、本書は伝えています。
党派を超えた議会活動で、保守派よりもリベラル派から高い支持を得る「一匹狼」マケイン氏もまた、アウトサイダーです。そんなマケイン氏を擁しても、共和党はオバマ旋風に勝てませんでした。
これでますます共和党は右傾化し、南部を支持基盤とした地域政党に転落するとの見方を本書は示しています。

続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。