2009年04月27日

日本史法廷、判決は…

まもなく裁判員制度が始まります。
4月21日、和歌山毒物カレー事件の最高裁判決(死刑)が下りました。数々の状況証拠が挙げられましたが、被告人の犯行動機は依然として不明のまま…裁判員が裁くには、非常に荷が重い事件です。
日本の歴史上にも、未だ謎に包まれた未解明事件があります。



古代史から解く伴大納言絵巻の謎
倉西裕子 著

貞観8年(866年)、平安京大内裏の応天門が炎上しました。
右大臣・藤原良相と大納言・伴善男は、左大臣・源信が放火したとして告発。信の邸宅を兵が包囲します。これを知った太政大臣・藤原良房は、時の清和天皇に奏上し、信は赦免されました。火災から半年後、今度は一転して伴善男が応天門放火犯として捕縛され、彼は流刑に処されます。いわゆる応天門の変です。
応天門の変を題材に、平安時代末期に描かれた伴大納言絵詞は、炎の表現や画面構成が見事で、国宝に指定されています。

応天門の名は、古代の有力豪族・大伴氏に由来するといいます。
大伴氏の祖は、天孫降臨に従った天忍日命(アメノオシヒノミコト)とされ、雄略天皇の時代に入部靱負(天皇の親衛隊)の任を賜り、朝廷の正門の開閉を担いました。以来、宮城の正門は大伴門⇒応天門と呼ばれます。
その後は、継体天皇を擁立した大伴金村、壬申の乱で武功のあった大伴吹負らを輩出しますが、奈良時代には数々の政変に連座して勢力が衰退しました。
平安時代に入ると、淳和天皇の諱(大伴親王)を避けて伴氏と改称しています。

父が配流の身だった伴善男の宮廷人生は、かなり低い地位からのスタートでした。しかし博覧強記で弁舌巧みな善男は次第に頭角を現し、ついには大納言にまで昇進します。大伴氏としては、久しぶりの高位復帰です。
伴善男は才能豊かだが、狡猾で風流さに欠ける人物と評され、得意の弁舌で同僚を失脚させたこともあります。不仲だった源信を放火犯に仕立て、陥れようとしたのでしょうか?
藤原氏もまた、皇親の源氏と朝廷の高位を争っており、さらに良房・良相の兄弟間でも権力を争っていました。応天門の変を処理した藤原良房は、伴氏および紀氏の勢力を朝廷から一掃し、臣下として初めて摂政の位に就きます。藤原氏摂関体制のスタートです。すると事件は、良房の仕組んだ陰謀だったのでしょうか?
日本史法廷の裁判員のみなさん、あなたの判定は…

倉西裕子氏は、大伴氏・源氏・藤原氏の出自に着目し、当時の外交問題まで絡めて、応天門の変に隠された真相を推理します。さらに伴大納言絵詞には、絵巻が描かれた平安時代末期の政局までが反映しているといいます。
本書の指摘には、正直「そこまで因果関係があるのか?」と思う点もありますが、現代の私たちが思いもよらないことでも、当時(平安時代)の人々にとっては共通認識だったのかもしれません。

(4月26日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
秘仏封印
女帝・かぐや姫
裁判員になりたいですか?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

草原の覇者

前回交遊した『アマテラスの誕生』に、騎馬遊牧民の話題が出ていたので、この本を。
気になったテーマを見つけたら気軽に手に取ることが出来る、山川出版社「世界史リブレット」からの一冊です(同社には「日本史リブレット」もございます)。



遊牧国家の誕生
林俊雄 著

騎馬遊牧民の一般的なイメージは、文明の破壊者、野蛮な殺戮者だったりします。
しかし彼らは合理的な社会制度を営み、ペルシアや秦・漢などの大帝国と互角に渡り合える強大な軍事力を備えていました。
本書はスキタイ匈奴を中心に、ユーラシア大陸の草原地帯を駆け抜けた、遊牧民国家の実態に迫ります。

文字の記録を残さなかった騎馬遊牧民の姿を、的確に今に伝えているのはヘロドトス司馬遷です。
ヘロドトスが『歴史』で描くスキタイと、司馬遷が『史記』で記した匈奴は、驚くほど良く似ています。ともに農耕を行わない生粋の遊牧民であり、家畜とともに移動し、戦況が不利になるとあっさり退却します。

騎馬遊牧民は、戦闘的なだけではありません。豊かな文化も今日に遺しました。
スキタイは大規模な古墳を築き、まばゆいばかりの黄金の装飾品が出土しています。ワシとライオンが合わさったグリフィンや、猛獣が草食動物を襲うシーンは、スキタイならではのモチーフです。

大陸を縦横無尽に駆け抜けた、遊牧国家から読み解く歴史に新鮮さを感じるのは、島国・日本に生まれ育ったからでしょうか。

(4月9日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ニッポンのルーツを求めて
石塔は語る
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

アマテラスとタカミムスヒ

4月10日、天皇皇后両陛下はご成婚50年を迎えられました。
両陛下の弥栄なることを祈念いたします。
さて、天皇陛下は天照大神(以下、アマテラス)のご子孫でいらっしゃいますが、アマテラスはもともと皇祖神ではなかったとするのが、こちらの本でございます。



アマテラスの誕生
溝口睦子 著

初期ヤマト王権が皇祖神として掲げたのは、高皇産霊(タカミムスヒ)でした。
日本書紀において、皇孫ニニギノミコトに天孫降臨を命じたのは、アマテラスではなくタカミムスヒです。古事記もまた、皇祖神としてアマテラスとタカミムスヒの名を併記しています。

王が天の神の子孫と称する天孫降臨神話のルーツは、北方ユーラシアの遊牧騎馬民族にあるとされます。
ヤマト王権が成立した4〜5世紀の東アジアは、遊牧民族が大量移動した激動の時代でした。フン族の侵入に端を発したヨーロッパの民族大移動とリンクしているとの説もあります。大陸の動乱は日本列島に波及し、ヤマト王権の成立にも影響があったと考えられます。本書では特に、高句麗との軍事的対立を挙げています。
天孫降臨神話の輸入は、多神教的な豪族連合社会だった日本列島を統一するための、強力なイデオロギーとなったことでしょう。

北方騎馬民族色の濃いタカミムスヒに対して、アマテラスは南方的・土着的な神様です。天岩戸などの神話に描かれたアマテラスは、絶対的な権力をもった至高神ではありません。
アマテラスが皇祖神となるのは、天武天皇の時代以降です。天武天皇はなぜ、タカミムスヒではなくアマテラスを選んだのか。本書ではさまざまな推理がなされます。

古代の豪族には、蘇我氏に代表される「臣」と呼ばれるグループと、物部氏に代表される「連」と呼ばれるグループがあります。
「臣・君・国造」の豪族の名は地名に由来し、「連・伴造」は朝廷に仕える職能集団です。前者は土着的な神を祀り、後者は北方的な外来神(ムスヒの神)を祀りました。
アマテラスとタカミムスヒをめぐる考察を通して、古代日本の二元構造が浮かび上がってきます。

(3月29日読了)

続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。