2009年04月12日

アマテラスとタカミムスヒ

4月10日、天皇皇后両陛下はご成婚50年を迎えられました。
両陛下の弥栄なることを祈念いたします。
さて、天皇陛下は天照大神(以下、アマテラス)のご子孫でいらっしゃいますが、アマテラスはもともと皇祖神ではなかったとするのが、こちらの本でございます。



アマテラスの誕生
溝口睦子 著

初期ヤマト王権が皇祖神として掲げたのは、高皇産霊(タカミムスヒ)でした。
日本書紀において、皇孫ニニギノミコトに天孫降臨を命じたのは、アマテラスではなくタカミムスヒです。古事記もまた、皇祖神としてアマテラスとタカミムスヒの名を併記しています。

王が天の神の子孫と称する天孫降臨神話のルーツは、北方ユーラシアの遊牧騎馬民族にあるとされます。
ヤマト王権が成立した4〜5世紀の東アジアは、遊牧民族が大量移動した激動の時代でした。フン族の侵入に端を発したヨーロッパの民族大移動とリンクしているとの説もあります。大陸の動乱は日本列島に波及し、ヤマト王権の成立にも影響があったと考えられます。本書では特に、高句麗との軍事的対立を挙げています。
天孫降臨神話の輸入は、多神教的な豪族連合社会だった日本列島を統一するための、強力なイデオロギーとなったことでしょう。

北方騎馬民族色の濃いタカミムスヒに対して、アマテラスは南方的・土着的な神様です。天岩戸などの神話に描かれたアマテラスは、絶対的な権力をもった至高神ではありません。
アマテラスが皇祖神となるのは、天武天皇の時代以降です。天武天皇はなぜ、タカミムスヒではなくアマテラスを選んだのか。本書ではさまざまな推理がなされます。

古代の豪族には、蘇我氏に代表される「臣」と呼ばれるグループと、物部氏に代表される「連」と呼ばれるグループがあります。
「臣・君・国造」の豪族の名は地名に由来し、「連・伴造」は朝廷に仕える職能集団です。前者は土着的な神を祀り、後者は北方的な外来神(ムスヒの神)を祀りました。
アマテラスとタカミムスヒをめぐる考察を通して、古代日本の二元構造が浮かび上がってきます。

(3月29日読了)

続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。