2009年06月07日

食糧危機は、やってこない。

私たちは「危機」が大好きです
小説や映画には、戦争や天災や環境破壊などの危機があふれています。
政治でも経済でも、楽観的な予測が外れると激しく批判されますが、悲観的な予測はそうではありません。



「食糧危機」をあおってはいけない

川島博之 著

「地球の人口が増えて続けて、食糧はいずれ足りなくなる」
「自給率の低い日本は、新興国に買い負けて食糧が輸入できなくなる」
世界的な食糧危機の到来は、幾度となく唱えられてきました。しかしながら耕地面積、食糧の生産性、人口増加率などのデータをつぶさに検証していくと、全く逆の見通しが導き出されます。
どうやら食糧危機はやって来そうにないのです。

中国が経済発展して富裕層が増加すると、牛肉の消費量が急激に増えて、飼料となる穀物が世界的に不足するのではないかと言われました。
しかし中国で家畜の飼料となったのは、それまで価値の無かった、油を採ったあとの大豆の絞りかす(大豆ミール)でした。食肉消費量が増えても、穀物需要はさほど増えなかったのです。

中国の大豆消費量の増加をまかなったのは、ブラジルです。ブラジルには未開発の広大な荒地(セラード)があり、貴重な熱帯雨林を伐採することなく、農地を拡大することができます。
また、集約農業が行われているのは北アメリカ・西ヨーロッパ・東アジアの先進地域だけで、それ以外の地域では面積あたりの収穫量を大きく増やすことができます。
世界の食糧は、まだまだ増産できるのです。

それでも世界には、飢餓に苦しむ人々がいます。とりわけサハラ以南のアフリカ諸国は深刻です。
人口爆発が続くアフリカ諸国ですが、それでも全人口を養うだけの農地はあります。アフリカの貧困は、政治・経済の問題です。人口増加で、地球全体がアフリカのような状況になるわけではありません。
実際には、世界の食糧は余っており、アメリカ・フランスなどの先進国が輸出先を求めて争っています。

著者・川島博之氏は、東京大学大学院農業生命科学研究科に在籍しており、日本で最も豊富なデータを持った方だと思います。
挑発的なタイトルの本ですが、内容は極めて冷静であり、大言壮語な表現は全くなく、非常に好感がもてます。
食糧自給率はどうしても上げなければならないのか、疑問に思った方は是非とも本書を読んでください。

(5月18日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
農政に「NO」を!(前編)
農政に「NO」を!(後編)
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:01| Comment(12) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。