2009年06月14日

巨大古墳の主は誰?

世界最大級の墓である、大仙古墳(大阪府堺市)と誉田山古墳(大阪府羽曳野市)。前者は第16代仁徳天皇、後者は第15代応神天皇の御陵であるとされています。
宮内庁は天皇陵の学術調査を制限しているため、正確な被葬者は判りません。



応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった
林順治 著

う〜ん、いかにもトンデモ度の高そうなタイトル!
しかし版元は、偽史本や陰謀本の得意な徳間書店ではなく、人文系書籍の名門・河出書房新社。勇気を出して読んでみましょう(笑)
林順治氏は出版社役員を務めた著述家で、本書の論旨は古代史研究家・石渡信一郎氏の説に依拠しています。

支那の歴史書に登場する倭の五王(賛・珍・済・興・武)は、記紀のどの天皇に相当するのか、いくつかの説があります。本書は石上神宮七支刀、隅田八幡宮人物画像鏡、稲荷山古墳鉄剣などの金石文を解読し、名前を刻まれた人物の正体を推理します。
その答えは…
・応神天皇=百済王子・昆支、倭王武、ヤマトタケル
・継体天皇=百済王子・昆支の弟、余紀

応神天皇とその五世孫とされる継体天皇は、ともに百済の王子であり、実は兄弟だったというのです。そして誉田山古墳はそのまま応神天皇陵ですが、伝・仁徳天皇陵とされる大仙古墳は継体天皇陵だとします。
そうなると、真の継体天皇陵説が有力な今城塚古墳の主は誰なのでしょうか。その疑問には答えていません。
さらに石渡氏は、次のような説も唱えています。
・欽明天皇=蘇我稲目、ワカタケル
・用命天皇=蘇我馬子

蘇我蝦夷・入鹿親子も天皇であり、聖徳太子や推古天皇は、蘇我氏の業績をカモフラージュするための架空の存在だといいます。
欽明天皇がワカタケルなら、通説がワカタケルとする雄略天皇も架空の人物です。また卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳は、崇神天皇陵だと主張しています。

日本と百済は友好関係にあり、大和朝廷は百済を軍事的に支援していました。
本書は、応神天皇と継体天皇が百済王家から人質として来日し、ヤマト王朝に婿入りしたのだといいます。朝鮮半島から襲来した騎馬民族が、武力で日本列島を征服したという話ではありませんので、愛国者の方も安心してお読みください(笑)

それにしてもこの本、架空の人物(天皇)が多過ぎでは…

(5月20日読了)


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。