2009年06月22日

「自然保護」は正しいか

日本で野生のトキは絶滅しましたが、人工繁殖されたトキが佐渡島に放鳥されています。ところが今度は、トキが希少な新種のカエルをエサにしていることが判明しました。人工的に放たれたトキは、佐渡島の生態系のバランスを壊すことになるのかもしれません。

エコカー減税とか、家電のエコポイントとか、エコと名が付けば全て通るような風潮にある昨今。私たちが正しいことだと信じている「自然保護」が本当に良いことなのか、改めて考えてみませんか。



自然はそんなにヤワじゃない
花里孝幸 著

私たちが「保護」しようとする生物は、見た目が綺麗な生物や、食用などの役に立つ生物、クジラのように知能の高い生物に限られます。
人間による開発や乱獲で、数が激減した生物を保護するのは、結構なことでしょう。しかし熱帯林の奥地で発見された新種が絶滅危惧種だった場合、それは人間のせいではなく、現在の地球環境に適応できない生物です。その生物を保護するために、人間が環境に手を加えることは、かえって他の生物を絶滅に追いやるだけかもしれません。

水辺に大量発生するユスリカは、人を刺しはしませんが、人から迷惑がられています。しかし諏訪湖でユスリカが減ると、それをエサにしていたワカサギが小さくなり、漁業に打撃を与えました。ユスリカが減ったのは、諏訪湖の水質改善が進んでアオコが激減したからです。
水質が改善されて澄んだ湖は、栄養が不足していて植物プランクトンが少なく、植物プランクトンが少なければ生息できる魚も少なくなります。きれいな湖よりも、濁った湖の方が生物の多様性は高いのです。
人間が美しいと思う環境が、生物にとって棲み良い環境だとは限りません。

私たちが環境(=人間が好ましいと感じる環境)を破壊し尽くして人類が絶滅しても、地球は滅びません。人間がいなくなった、新たな地球の生態系がそこにあります。自然はとてもタフなのです。もちろん、人間とともに絶滅する生物種も少なくないでしょうが。
人類が絶滅したあとの地球の姿を予測したドイツの映画『アフター・デイズ』のDVDは、こう結んでいます。
地球に人間はいらない。だが、人間には地球が必要なのだ

本書は新潮選書の一冊です。選書には地味でお堅い印象がありますが、本書は易しい文章で、生態系や生物多様性についての理解が深まります。170ページほどの気軽に読めるボリュームです。
ありきたりのエコロジー賛美に食傷気味の方、反エコロジー論にもいかがわしさを感じる方に、おすすめいたします。

(6月22日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ムシの眼から見る世界


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。