2009年07月26日

安土城の深い闇

戦国武将は、小説やドラマの題材として根強い人気があります。最近では、歴史好きが集まる戦国バーや、武将に萌える戦国ギャルも話題です。
戦国武将のなかでも、とりわけ人気の高いのが、織田信長
天下統一を目前にして、本能寺の炎と消えた劇的な人生。それに加えて、大量の鉄砲で戦国最強の武田軍を破った長篠の戦、楽市楽座による商業振興策など、先見性の高さが人気の理由でしょう(長篠の戦での有名な「三段撃ち」は、史実ではないとの説が有力)。一方で、比叡山の焼き討ちや一向一揆への弾圧から、気性が激しく冷酷な人物との評もあります。



バロックの王織田信長

渡辺豊和 著

信長の過激なまでの合理性は、どこから生まれたのか。建築家・渡辺豊和氏による信長論です。
渡辺氏は、縄文時代にインスピレーションを得た建築作品で知られ、巨石構築物を研究するイワクラ(磐座)学会の会長でもあります。歴史に関する著作は多く、そのトンデモ…失礼、シャーマンぶりを遺憾なく発揮しています。

南蛮文化に強い関心を抱いた信長は、イエズス会の宣教師と交流し、キリスト教の布教を許可しています。
キリスト教は、フランシスコ・ザビエルによって日本に伝来しました。しかし、それ以前に日本にもたらされていた可能性があります。厩の前で誕生したという聖徳太子の伝説は、キリストの降誕そっくりです。唐代の中国では、ネストリウス派が景教の名で広まっており、日本に伝わっていたとしても不思議ではありません。
渡辺氏は、大和朝廷の中枢を担った蘇我氏が、秦氏らと共に北方シルクロードを通って東北地方に渡来したとの説を唱えています。秦氏はゾロアスター教を奉じており、後にネストリウス派に改宗したと主張します。渡辺氏は、織田氏のルーツを秦氏に求め、信長の革新性や残虐性がユーラシアの騎馬民族に由来すると考えているのです。

信長の築いた安土城は、史上初めて天守(天主)を持ち、各層が色分けされた、極めて斬新な建築でした。天主内部には、吹き抜けがあったと考えられています。
吹き抜けというと明るい空間を思い浮かべますが、安土城の吹き抜けは四方を部屋で囲まれており、外光の差し込まない暗黒の空間だったと思われます。こういう点に着目するのは、さすが建築家です。
安土城天主の闇に、信長の闇の部分を見るという渡辺氏。彼は本能寺の変の真相に迫っているのでしょうか…

(7月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
はるかなる飛鳥
ニッポンのルーツを求めて
陰陽師・明智光秀


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:04| Comment(31) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

新型プリウス不純化計画 Vol.1

お約束の(?)プリウス不純化計画を開始しました。

ZVW30型のデザインは気に入っているので、ボディ下部のプレスラインを生かしたエアロパーツを装着したいと考えていました。
カタログに掲載されている純正・TRD・モデリスタに加えて、複数のアフターパーツメーカーからも30プリウス用エアロパーツが発売される模様。社外エアロのデザインがどうなるのか気になっていたのですが、結局は一番最初に考えていた組み合わせになりました。

・MODELLISTA Ver.2 フロントアンダーリップスポイラー
・MODELLISTA Ver.1 サイドスカート
・MODELLISTA Ver.1 リヤスカート
・Styling Package Ver.A カラードリヤスポイラー
・Styling Package Plated Ver. メッキサイドガーニッシュ

MODELLISTA Ver.1のフロントスポイラーは、バンパー下部のラインが隠れてしまうため、敢えてMODELLISTAエアロキットのセット装着はしませんでした。
Ver.2のフロントは小振りなので、Ver.1のサイドとリヤに対して貧弱にならないか非常に心配でしたが、バランスは悪くなさそうです。
リヤスカートの下部はブラックアウトされているので、リアスポイラーがブラックのままだと、リヤビューが黒×黒でうるさくなると思い、Ver.Aのカラードリヤスポイラーを装着。
さらにPlated Ver.のメッキモールで、サイドをちょっぴりレクサス風に。
フルエアロにすると、今度はフェンダーとタイヤのクリアランスが気になりますね。次の不純化は、やはりローダウン?

【不純自動車交遊界】 2009 TOYOTA PRIUS S Touring Selection

実は他にMODELLISTA Ver.2をボディ同色にせず、敢えてブラックで装着するというパターンも考えていました(スバルのSTiリップ風に)。この場合、サイドはエアロ無しか、Styling Package Ver.Aのマッドガードで。
30プリウス購入の方、どなたかやってみませんか?



プリウスエイジカスタムスタイリング
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

アーリア人って、誰のこと?

ナチス・ドイツを率いたアドルフ・ヒトラーは、金髪・碧眼の優秀なるアーリア人による世界支配を掲げ、ホロコーストを引き起こしました。
ナチス・ドイツが民族的アイデンティティを求めたアーリア人とは、実際はどのような人たちだったのでしょうか?



アーリア人

青木健 著

インド・ヨーロッパ語族は、インド・イラン系とヨーロッパ系に分けられます。
このうちインド・イラン系の人々をアーリア人と呼び、実のところヨーロッパ系白人はアーリア人ではないのです。
中国の歴代王朝やギリシア・ローマ文明はよく知られていますが、地理的にそれらの中間の位置にある中央アジアについては、ほとんど知らないのが日本人の平均的な歴史認識ではないでしょうか。

中央アジアのイラン高原に現れたアーリア人は、史上初の騎馬民族でした。
最初の騎馬民族・キンメリア人は半ば神話的な存在で、続いて登場するのが黄金の美術品で名高いスキタイ人です。定住しない騎馬民族は、文字による記録を残さなかったので、彼らの栄枯盛衰の歴史をたどるのは、なかなか困難です。
定住したアーリア人による国家は、ペルシア帝国が有名です。

現在のイランは、大統領選挙の結果をめぐって混乱が続いています。実はイランとは「アーリア人の国」の意味なのです。
ペルシア帝国の復興を掲げたパフラヴィー王朝が、1935年に正式な国号としたのですが、1979年のイスラーム革命で王朝は倒れました。

著者・青木健氏は、ゾロアスター教の研究者です。
異国的な響きに惹かれて、彼の前著『ゾロアスター教』を読んでみようと思ったのですが、より普遍性の高そうなタイトルの本書が出たので、こちらを手に取ったわけです。
しかし、本書の主題である騎馬民族の興亡を把握するのは難しく、私の理解が及ぶのはペルシア帝国程度です。
素人には敷居が高過ぎる内容でした(笑)

(7月5日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
草原の覇者
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

300km/hのテクノロジー

文学部出身の文系人間が営んでいる不純文學交遊録ですが、管理人には「メカ萌え」の傾向がありまして、最新のテクノロジーには強く惹かれます。
これまでメカ関係は、クルマネタが多かったですが、今回は鉄道です。
鉄道マニアは「鉄ちゃん」とか「テツ」と呼ばれ、その楽しみ方も旅行や車両研究のみならず、模型や写真撮影など多岐に渡ります。最近では、女性の鉄道マニア「鉄子さん」も少なくないとか。



図解・TGV vs.新幹線

佐藤芳彦 著

世界を代表する高速鉄道は、日本の新幹線とフランスのTGV(Train a Grande Vitesse)です。しかし、輸送量重視の新幹線と速度重視のTGVとでは、設計思想が大きく異なります。
人口密度の高い日本は、乗客を大量輸送することが求められます。軌道の幅は新幹線もTGVも同じ(1,435mmの標準軌)ですが、車両は幅・長さ共に新幹線が一回り以上大きく、2人掛け+3人掛けのシート配置を実現しています。TGVは2人掛け+2人掛けです。

新幹線は各車両にモーターを備え(動力分散方式)、TGVは電気機関車で客車を引っ張っています(動力集中方式)。機関車には当然、乗車することが出来ません。ここでも新幹線が、輸送力重視であることがわかります。
現在、非浮上式鉄道(浮上式=リニアモーターカーを除く)の最高速度は、TGVの試験車両が記録した574km/hです。営業最高速度も320km/hのTGVが、300km/hの新幹線(山陽新幹線)を上回っています。しかし加速力では新幹線が勝るため、平均速度は新幹線のほうが速いのです。

世界各国で高速鉄道が計画されていますが、新幹線とTGVは激しい受注競争を繰り広げています。
韓国の高速鉄道は、TGV方式が導入されました。台湾の高速鉄道は、TGVに決まりかけていたところ、大地震を経験したことで、耐震性の高い新幹線が勝利しました。地震国・日本の新幹線は橋梁がガッチリしていますが、地震が少ないフランスのTGVの橋梁は華奢です。
軌道の構造も対照的で、TGVは砕石を敷いたバラスト式にこだわっています。新幹線はコンクリート製のスラブ式を採用、敷設コストは高いもののメンテナンスは容易です(東海道新幹線はバラスト式)。

「世界最速の鉄道」という同じ目標を掲げながら、新幹線とTGVとでは、採用される技術が全く正反対なのが面白いですね。テツの世界は奥が深い!

(6月28日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
2005年4月25日
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。