2009年08月24日

若狭国の古墳と交遊

聖徳太子は、日本史上最も有名な人物の一人でありながら、その実像は未だ謎に包まれています。
聖徳太子こと厩戸皇子は実在したが、業績は他人のものであるとする説から、全くの虚構の人物だったとする説まで。その最期は自殺とも、暗殺とも言われています。
太子と最期を共にしたのは、妃の膳部菩岐々美郎女(かしわでのほききみのいらつめ)でした。太子とともに磯長陵(大阪府)に葬られています。
膳夫人は、朝廷の食卓を担った膳氏(かしわでうじ)の出身です。福井県若狭町には、若狭国造・膳氏のものと推定される古墳が数多くあります。
若狭国は、朝廷に海産物などの食料を献上した御食国(みけつくに)でした。

以前から若狭国の古墳と交遊しようと思っていたのですが…
8月23日(日)午前10時より、若狭町脇袋の糠塚古墳で現地説明会があるとのことで、この機会に行って参りました。
糠塚古墳は直径30mほどの円墳だと思われていたのですが、このたびの発掘調査で周濠跡が確認され、全長50〜60mの前方後円墳であることが判明しました。前方部は水田の下になっており、まだ発掘されていません。
脇袋には、若狭国最大の前方後円墳である上ノ塚古墳(全長100m)があり、糠塚古墳もまた若狭国の首長クラスの陵墓であると考えられます。
脇袋古墳群の背後には膳部山があり、被葬者を膳氏とする根拠となっています。

発掘の中心となったのは、花園大学(京都府)の高橋克壽准教授。作業服を着た若い人が多いと思っていたら、学生さんたちでした。
考古学の意義は、遺跡の本来の姿を再現することにあるという高橋さん。大型古墳の陪塚に過ぎないとされていた円墳が、首長クラスの前方後円墳となったことで、「1500年ぶりに被葬者の名誉を回復することができた」と満足気に語っていました。

その後は、若狭町歴史文化館を訪問。
文化館とは言っても独立した建物ではなく、町の庁舎の一室です。町内の古墳から発掘された出土品が展示されています。入場無料。
今回、福井市から敦賀市まで北陸自動車道を走行しましたが、30プリウスの高速燃費は25km/L台(モニター表示)でした。

【関連サイト】
福井県若狭町
8月30日放送のETV特集で、脇袋古墳群が採り上げられました。
ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」第5回 日本海の道


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

チャップリンは知っていた(後編)

では最新作『六つの手掛り』の探偵役は…
黒いスーツにソフト帽を被り、ちょび髭を生やした小太りの男。その容姿を一言で表すなら、太ったチャップリン。元マジシャンで、大道芸プロモーターの林茶父(はやし・さぶ)です(そういえば、茶風林という役者さんもいましたね)。
探偵役はマジックが得意とくれば、メインとなるのはやはり物理トリックです。



六つの手掛り
乾くるみ 著

収録されているのは次の6編。
・六つの玉
乗っていたタクシーが雪道で事故に遭い、一晩の宿をとった林茶父たち。
旅芸人の青年は、なぜ死んだのか?
・五つのプレゼント
女子大生にゼミ生から贈られたプレゼントの中に、爆発物が含まれていた。
誰がどうやって送りつけたのか?
・四枚のカード
超能力マジックを披露したカナダ人教授が殺害された。
無くなったESPカードが示す犯人とは?
・三通の手紙
誤って送られてきた沖縄旅行の写真。
鉄壁と思われた、留守番電話のアリバイが崩れる?
・二枚舌の掛け軸
富豪の邸宅で開かれたパーティで、お披露目された二枚の掛け軸。
悪戯好きの富豪を殺したのは誰か?
・一巻の終わり
人気作家の自宅に集まった評論家・編集者たち。
毒舌ミステリ評論家殺害の擬装は、なぜ見破られたのか?

面白い作品が揃っていますが、『四枚のカード』は犯行動機が曖昧なのが不満でした。文系ミステリ愛好家にとって重要なのは、物理的なトリックの切れよりも、カタルシスのある結末ですので。
最後の『一巻の終わり』は書き下ろしで、本の作りまでオチに合わせてあります。文字通り、一巻の終わりに相応しい演出です(666ページで終わる『バトル・ロワイアル』を思い出しました)。

本書はミステリ好きならずとも、どなたでも楽しめる一冊です。
乾くるみ氏に興味をもたれた方は、稀代の怪作Jの神話』にも挑戦してみては?

(8月14日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
チャップリンは知っていた(前編)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

チャップリンは知っていた(前編)

80年代のトレンディドラマを思わせる物語が、最後の2行で驚愕の真相に至る…『イニシエーション・ラブ』が評判となった、乾くるみ氏。
今回は乾氏の短編集『六つの手掛り』との交遊ですが…



六つの手掛り

トンデモ不純ミステリ愛好家としては、やはりメフィスト賞を受賞したデビュー作『Jの神話』を忘れることはできません。
新作を読む前のイニシエーション(通過儀礼)として、振り返っておきましょう。



Jの神話

妊娠していた女子高生が失血死し胎児が消えた、塔から投身自殺した少女…名門全寮制女子校で相次ぐ不可解な死。カバー裏の紹介文から、既に黒々とした闇が漂っています。
『Jの神話』を読み終えて思い出したのは、瀬名秀明氏の『パラサイト・イブ』でした。

高度な科学的知識の裏付けで、評価の高い『パラサイト・イヴ』。ただ、何十億年もの間生きてきたミトコンドリアが、なぜ現代の一青年科学者に狙いを定めたのか、あまりにも唐突で腑に落ちない読後感でした。その理由なき唐突さが、ホラー小説らしさとも言えますが。
ホラー小説では、山中に殺人鬼が現れたり、何気なく観たビデオテープが死を招いたりと、不特定の人を何の因果もなくパニックが襲う作品が多くあります。それに対して、特定の場所や人に祟るのが「怪談」でしょうか。

一方の『Jの神話』は、科学的にはトンデモ全開ですが、なぜこんな怪(珍)事件が起こったのかという因果関係は、『パラサイト・イヴ』よりもずっとスッキリしています。そこがホラーとミステリの違いでしょう。
『パラサイト・イヴ』でのミトコンドリアにあたるのが、『Jの神話』の“J”です。こう書けば、私が両作品に共通性があるという意図がお解かりになるかと思います。ネタバレになるので“J”の正体は明かせませんが。
女性視点の『パラサイト・イヴ』と言ったところでしょうか。ちなみに乾くるみ氏は、男性でございます。

小森健太朗氏は「『Jの神話』は不当に評価されており、文庫版になるときは是非とも解説を書きたい」と発言し、実際に書いています。

(つづく)

【不純文學交遊録・過去記事】
名探偵「星の君」
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

日本を守る地政学

「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と発言して物議を醸したのは、民主党の鳩山由紀夫代表。
一国の首相になるかもしれない人間が、間違ってもそんなことを口にしてはいけません。ましてや海の向こうの独裁者が、核実験やらミサイル発射やら不穏な動きをしているこの時期に。このような人物に政権を委ねるなんて、絶対に出来ません!



地政学の論理

中川八洋 著

ロシア連邦・中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国…日本のすぐ近くには、二つの軍事超大国と常軌を逸した独裁国があります。
中川八洋氏は、日本の核武装を強く主張しており、しかも先制攻撃論者です(中川氏曰く、自衛のための先制攻撃は国際法上許されている)。とりわけロシアの脅威を強調しています。
彼が日本の外交・国防の羅針盤であり海図であると絶賛するのが、イギリスの地理学者マッキンダーと、オランダ系アメリカ人の国際政治学者スパイクマンです。

ユーラシア大陸のハートランド(中核部)は、絶えず拡大を目論んでいる。ユーラシア大陸のリムランド(沿岸部)に位置する国々は、一致してこれを封じ込めなければならない…
拡大するハートランドとは、第2次大戦まではソビエト連邦あるいはナチス・ドイツでした。現在ではロシア連邦であり、中華人民共和国です。
ロシアは、そのルーツとなったモスクワ大公国から、膨張の歴史を歩んできました。常に拡大路線を採り続けるロシアこそ、世界の脅威・日本の脅威であると、マッキンダー/スパイクマンの英米系地政学は教えています。

中川氏は明治維新にまで遡って、日本を誤った道に導いたとする政治家・軍人・学者を(品の無い言葉で)激しく批判しています。曰く、彼らはロシア側の工作員であると。
当然ながら、親英米の中川氏こそ偏っていると、反論される方はいらっしゃるでしょう。
それでも、最近のグルジア侵攻(2008年8月)をはじめ、これまでのソ連・ロシアの歴史を振り返ると、ロシアの脅威はどんなに強調してもし過ぎることはないと言えます。

(8月12日読了)


※注意;この先、トンデモ妄論
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

エンジンはないほうがいい!(後編)

クルマが走るのに必要十分なパワーが得られれば、エンジンは小さく、燃料消費が少なく、排気ガスがクリーンな方がいい。これからの潮流はダウンサイジングです。
排気量が小さいエンジンでパワーを稼ぐには吸気量を増やす、つまり過給すればいいのです。ハイブリッド化してモーターがエンジンをアシストする方法もあります。実質的な小排気量化であるミラーサイクルでも同じです。
かつて大型トラックのエンジンはV型8気筒や10気筒でした。しかし現在では直列6気筒のターボ過給が主流となっています。
小型車のエンジンは3気筒が本命になるだろうと、畑村氏は述べています。



最新!自動車エンジン技術がわかる本

畑村耕一 著

畑村氏は現在、HCCIエンジンの開発に取り組んでいます。
HCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition=予混合圧縮着火)は、ガソリンエンジンのように空気と燃料を混合し、ディーゼルエンジンのように圧縮で自己着火するエンジンです。高効率とクリーンな排ガスを両立します。
いずれ電気自動車の時代が来るのでしょうが、発電・送電や電池の製造段階を考慮すると、現時点ではハイブリッド車の方がエネルギー効率に優れているそうです。当面はエンジンの時代が続きます。HCCIが最後のエンジンとなるのかもしれません。
燃料電池車も公道を走り始めていますが、本格的な水素エネルギー社会が到来しても水素エンジンの出番はないとする著者の見解に、私も同意します。

本書にはガソリン、ディーゼルから研究中のHCCIまで、最新のエンジン技術の数々がわかりやすく紹介されています。エンジン単体の進化だけでなく、高効率なトランスミッション、車体そのものの軽量化、クリーンな燃料の開発なども重要です。
あれとあれを組み合わせると、素晴らしいクルマが出来上がるのではないか…想像すると楽しくなってきます(最終章は、著者によるエンジン開発シミュレーションです)。実際には各メーカーの得手・不得手な技術があったり、特許の壁があったりで、すべてを組み合わせた理想のクルマを作るのは難しいでしょうけど。
エンジンはクルマのキャラクターを大きく左右する要素であるせいか、小規模メーカーであってもほとんどが自社開発です。メーカーの壁を超えてエンジンを供給しあう水平分業が進むと、自動車産業は大きく様変わりする気がします。

(8月11日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
エンジンはないほうがいい!(前編)
205万円の衝撃(前編)
205万円の衝撃(後編)
景気回復の救世主?(前編)
景気回復の救世主?(後編)
イニシャルD
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

エンジンはないほうがいい!(前編)

自民党が土日の高速料金を1,000円にすれば、民主党は高速道路の無料化を政権公約にしています。
どこまで行っても1,000円ならばと、ゴールデンウィークの高速道路は大渋滞。料金が安くなるのはいいことですが、CO2削減をマニフェストに掲げながら、ガソリンの大量消費を促すなんて、矛盾してませんか?
私はCO2が地球温暖化の主因だとは思いませんが、このまま化石燃料の消費が増え続けていいとは思いません。これでは衆院選で投票する政党が無い…
(景気対策なら、一般車よりも営業車の通行料金を引き下げるべきでしょう。昨年の原油高騰で、運輸業界は打撃を受けたことだし…)



最新!自動車エンジン技術がわかる本

畑村耕一 著

今年は2月にホンダ・インサイト、5月にトヨタ・プリウスが相次いで新型となり、エコカー減税の追い風もあってハイブリッド車が空前の大ヒットとなっています。7月には電気自動車の三菱i-MiEVも、法人向け販売が始まりました。
最新のクルマの技術は随時ウェブや雑誌で紹介されていますし、単行本は似たり寄ったりの内容なので、新刊が出たからといって読んだりはしません。それでも本書を手に取った理由は、未来のエンジンHCCIについて一章を割いているからです。

畑村耕一氏は、広島出身で元マツダのエンジニア。世界初のミラーサイクルエンジン搭載車(ユーノス800)を開発しました。
彼の哲学は、なんと「エンジンはないほうがいい!」です。
畑村氏は、排気量でエンジンを語るのは時代遅れだと主張します。エンジンの出力を決めるのは吸気量、燃費を決めるのは排気量であり、同じ出力を得るなら排気量の少ないエンジンの方がエライのです。

ハイブリッドカー・プリウスのエンジンは、アトキンソンサイクルを採用しています。
通常のガソリンエンジンはオットーサイクルと呼ばれ、吸入‐圧縮‐膨張‐排気の4つのサイクルにおけるピストンのストロークはすべて均等です。オットーサイクルは吸気量=排気量であり、すなわち圧縮比=膨張比です。
これに対しアトキンソンサイクルとは、圧縮比<膨張比とすることで熱効率を高めたエンジンです。圧縮比<膨張比ということは吸気量<排気量であり、アトキンソンサイクルは実際の排気量よりも低いトルクしか得られないことになります。
でも心配はいりません。プリウスにはモーターがあるので、エンジンのトルク不足を十分に補えます。ハイブリッドだからこそ、トルクを低下させてでもエンジンの効率を高めることが出来たといえるでしょう。

なお元来のアトキンソンサイクルとは、複雑なクランクシャフトの動きでストロークを変化させたエンジンのことで、現在のところ実用化されていません。
プリウスは吸気バルブの「遅閉じ」でアトキンソンサイクルと同じ効果を得ており、これをミラーサイクルと呼びます。つまり、マツダのミラーサイクルとトヨタのアトキンソンサイクルは同じなのです。先駆者であるマツダの呼称を、後発のトヨタは避けたわけですね。

(つづく)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

本格ミステリとの出会い(後編)

ポルトガルの首都・リスボン。
水泳のオリンピック金メダリストだった女性が、拳銃で自殺。ほぼ同じ時刻に、2キロ離れた高級アパートで、大学教授が射殺されました。2人の心臓を貫いた弾丸は、ライフルマークが完全に一致。犯人は、元水泳選手が自殺した銃を使って、大学教授を殺害したはずです。
事件当日、通りは聖アントニオ祭で混雑しており、自動車での移動は不可能。しかし、歩いて移動したのでは、死亡推定時刻に間に合いません。これは聖アントニオの奇跡なのか…
(表題作『溺れる人魚』)



溺れる人魚

『溺れる人魚』は全くの新刊ではなく、2006年に原書房から刊行されたハードカバー版をノベルス化したものです。
書き下ろしは表題作のみで、他の3篇は既出の作品となっています。
語り手(いわゆるワトスン役)は、ハインリッヒ・フォン・レーンドルフ・シュタインオルト(長過ぎる!)。サンフランシスコ在住、ポーランド生まれのドイツ人で、職業は科学ジャーナリスト。彼の語りに登場するキヨシという名の日本人が、島田作品でおなじみの名探偵・御手洗潔です。

『人魚兵器』と『耳の光る児』は、島田氏が長年書きたかった世界史的解釈(講談社メールマガジン『ミステリーの館』より)です。前者はナチス・ドイツ、後者はソビエト共産党の陰謀を、御手洗潔が推理します。
もちろん完全なフィクションでしょうが、ノンフィクション作品も手掛ける島田氏の世界史的解釈となると、つい信じそうになってしまいます。いくらナチスでも、ここまで残酷なことをしただろうか?、と思うほどに暗澹たる読後感です。
ちなみに、この2作品には島田氏が愛するポルシェ(356とカイエン)が、脇役として登場します(初出は自動車評論集である『名車交遊録』)。

最後の『海と毒薬』は、アンデルセンの人魚姫をモチーフにしてはいますが、ファンサービスで書いた「自作自演の同人誌」的な作品ですね…

(7月30日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
本格ミステリとの出会い(前編)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

本格ミステリとの出会い(前編)

今でこそ、新本格にカテゴライズされるミステリや、メフィスト賞作品を愛読しておりますが…実は私、推理小説って嫌いだったんです。
小道具を使って鍵を掛けて密室にしたり、時刻表でアリバイを見破ったり…そんなものはクイズであって、読み物じゃねえよ!、という具合で。



溺れる人魚

島田荘司 著

そんな私をミステリの世界に導いたのが、島田荘司氏でした。
本作は、講談社ノベルス7月のラインナップです。作品の紹介に入る前に、ここで私とミステリとの出会いを…
私が最初に読んだ島田氏の文章は、小説ではありません。社会批評や自動車評論でした。ミステリに対する「人間が書けていない」との批判に反論していた島田氏。そんな彼の描く「本格ミステリ」とはいかなる文学なのか、興味をもったのです。
事件の解決を通して世の中の不正を糺す「社会派推理小説」が全盛だった時代、島田氏は純粋に謎解きの魅力を追及する「本格ミステリ」の復権を唱えます。

島田氏は、推理小説とミステリの違いを、次のように説明しています。
公演中のプリマドンナが殺されました。当然ながら公演は中止となり、警察がやってきて捜査が始まります。これは「本格推理」の展開です。
ところが死んだはずのプリマドンナが、再び演技を始めたとしたら…
幽霊かと思いきや、実は双子の姉妹がいた。これが「本格ミステリ」です。本当に超常現象だったら「ホラー小説」になります。
本格ミステリは、事件が合理的・論理的に終結するだけでなく、詩的で幻想的な謎が必要なのです。

「本格ミステリは推理小説ではなく、幻想小説である」
この主張に賛同した私は、2時間ドラマ的な推理小説・警察小説とは違う、奇想に満ちたミステリの世界へと足を踏み入れました。ちなみに最初に読んだ新本格ムーブメントの作家は、綾辻行人氏ではなく毀誉褒貶の激しい麻耶雄高氏(『翼ある闇』)でしたが、全く抵抗なく受け容れることができました。
作り話よりもノンフィクションが好きで、「事実は小説よりも奇なり」を座右の銘とする私にとって、小説に求めるものは「日常の延長」ではありません。作家の奇想が紡ぎ出す「異世界との遭遇」であり「非日常的な体験」なのです。

(つづく)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。