2009年09月06日

歴史を動かした茶会

織田信長明智光秀の謀反に倒れた本能寺の変については、歴史学者から小説家に至るまで、さまざまな推理がなされてきました。
光秀の単独犯行説では、信長に対する私怨によるもの、あるいは天下獲りの野望があったとするもの。黒幕がいたとする説では、朝廷(正親町天皇あるいは近衛前久)、足利義昭豊臣秀吉徳川家康などの名が挙がっています。



織田信長最後の茶会
小島毅 著

しかし、これまでの論者たちの視点は日本国内に留まっていると批判するのが、東洋思想が専門の小島毅氏です。
信長といえば南蛮趣味が強調されますが、実は渡来文化全般、とりわけ中華文化に関心が強く、南蛮文化も唐様(中華文化)の一種として取り入れたのだといいます。信長の旗印は永楽通宝であり、室町時代は勘合貿易をはじめとする東アジアの経済交流が盛んな時期でした。

私は本能寺の変の背景に、暦の問題があったと考えています。
当時、京都で朝廷が作成する暦と、東国で使われている暦は異なっていました。信長は朝廷に、暦を変えるよう圧力を掛けています。しかし、朝廷の年中行事を定める暦に干渉することは、天皇の大権を侵すことです。有職故実に通じた光秀が、信長の越権行為に対する義憤から暗殺を決行したのか、それとも朝廷側に黒幕がいたのかは判りませんが…
本書は、暦について詳細に論じています。つまり小島氏も背景に暦の問題があると考えているのですが、光秀の動機や共謀者の有無については答えていません。

変の前日、信長は本能寺で盛大な茶会を催しています。茶会には付喪茄子をはじめとする、信長自慢の茶器コレクションが、安土城から大量に運び込まれました。
名品とされる茶器の価値は、一国一城に値します。滝川一益は、信長から恩賞として上野国と信濃国の一部、さらには関東管領の職まで与えられましたが、希望していた茶器(珠光小茄子)ではなく、落胆したと伝えられています。
小島氏は、光秀が信長の首ではなく、茶器を狙って変を起こしたとする推理も披露しています。しかし信長は本能寺に火を放って自害し、茶器は灰燼に帰しました。光秀の天下があっけなく終わったのは、茶器の略奪という最大の目的を失くしたからとか?

…というわけで、本能寺の変の核心部分は曖昧なまま。
肩透かしを食らった結末でしたが、著者が得意とする東アジアの国際関係については、読み応えがありました。
小島氏は本書と同じ光文社新書から、信長と並んで国民的人気の高い、坂本龍馬の虚像を剥ぐ著作を準備しているようです。

(8月30日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
安土城の深い闇
陰陽師・明智光秀


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:23| Comment(21) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。