2009年09月23日

底抜けニッポン(中編)

政権交代が実現し、9月16日に発足した鳩山内閣。
22日の国連気候変動首脳会合で、鳩山由紀夫総理大臣は、日本が温室効果ガスを2020年までに1990年比25%削減することを表明しました。
(京都議定書での削減目標は、2012年までに1990年比-6%)



日本の難点
宮台真司 著

京都議定書が基準とする1990年は、冷戦終結によって東西ヨーロッパが統合され、EUのエネルギー効率が著しく低下しています。EUは実質的な削減努力をすることなく、目標達成が可能です。
(京都議定書での削減目標は、2012年までに1990年比-8%)
鳩山総理がハトならぬ、世界のカモにされなければ良いのですが…

宮台真司氏は、環境問題とは政治問題であると断言します。
政治的なゲームでは「何が真実か」よりも「何が真実という話になっているか」の方がはるかに重要です。地球温暖化が科学的に正しいかどうかは、重要ではありません。
温暖化対策という新しい政治ゲームは、既に始まっており、当面は続きます。今さら「削減目標がアンフェアである」とか「温暖化の主因はCO2ではない」と叫んでも、負け犬の遠吠えに過ぎません。新しいゲームで先行者の利を得ることが賢明であると、宮台氏は説きます。

化石燃料の省エネでは世界に先行した日本ですが、風力・太陽光など、再生可能エネルギーの分野では遅れをとったことも事実です。京都議定書の削減目標は、再生可能エネルギーの利用度が高い国に有利となっています。
宮台氏が言うように、環境問題とは科学でも倫理でもなく、政治です。日本には新しいゲームのルールで、勝ち残れる戦略が求められます。
(個人的には、地球温暖化の科学的真偽にも、大いに興味がありますが)

ただ、日本がいくら削減しても、アメリカ・EU・中国・インド・ロシア等が「実質的な削減」をし、地球全体の温室効果ガスが減らなくては意味がありません。
結局、日本だけが排出権を買わされて終わり…とならなければ良いのですが。
(その頃には、地球が寒冷期サイクルに入っているかも?)
民主党が、高速道路無料化やガソリンの暫定税率廃止といった、温室効果ガス削減とは矛盾した政策も掲げているのも懸念材料です。ガソリン税を廃止する代わりに環境税を導入し、太陽光発電の補助金の財源にすると言うのなら分かりますが。

鳩山総理は「主要国の参加による意欲的な目標の合意」を削減の条件としていますから、日本が世界のカモにならないことを信じたい…

(つづく)


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。