2009年10月12日

温暖化論議は冷静に(後編)

江守正多氏は、国立環境研究所の温暖化リスク評価研究室長。地球温暖化予測のキモである気候モデルについて、専門家の立場からわかりやすく書いています。
気候モデルのテクニカルな部分は、私のような文系読者にはやや難解ですが、完全に理解できなくても全体を把握するのに問題はありません。



地球温暖化の予測は「正しい」か?

江守氏は地球温暖化の脅威を訴える側の人ですが、気候モデルが不完全であることも認めています。
地球温暖化をめぐる誤解に対しても冷静です。アル・ゴア元米副大統領の『不都合な真実』で描かれたように、短期間で海面が6mも上昇することはありません。
また、地球温暖化が進むと北大西洋の熱塩循環が急停止して、映画『デイ・アフター・トゥモロー』のように、一転して氷河期がやってくると言う人がいますが、ヨーロッパの気候が寒冷化することはあっても、地球全体が氷河期になることはありません。

世の中には温暖化危機派と懐疑派の双方による、センセーショナルな言説があふれています。
「地球温暖化に関する一般向けの本は、専門家でない人によって書かれたものが多く、書いた人も読んだ人も、勝手に想像して信じたり批判したりしている」と語る江守氏。本書は、温暖化の危機を憂える人も、温暖化に懐疑的な人も、必読の一冊です。
本書とあわせて、赤祖父俊一氏の『正しく知る地球温暖化』を読まれることをオススメします。どちらも文章は易しく、ページ数は少なめで、地球温暖化問題に対する冷静な態度が身に付きます。

江守氏は、価値中立的な立場で書きたかったとして、地球温暖化に社会がどう対処すべきか、本文では触れていません。
あとがきで「研究を通して世界の変革にコミットしている感覚」があり、「地球温暖化という物語は、マルクス主義以来の大きな物語かもしれない」と語るあたりに、彼の人となりが垣間見えて興味深いです。
江守氏は1970年生まれで、学生運動は知らない世代ですが…

私は気候モデルに対し、初期条件が間違ってはいないのか、研究者による恣意的な操作はないのか、疑問を抱いていましたが、本書を読んで不信感はかなり払拭されました。それでも気候モデルは不完全であり、特に太陽活動が一定であるということは、太陽活動の変化によって予測が大きく外れることを否定できません。
地球温暖化の予測や温暖化対策には、疑問があります。しかし、地球が温暖化しようがしまいが、化石燃料が有限であることは確かです。
浅薄な正義に流されず、地球の未来と日本の国益を冷静に考えましょう。

(9月27日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
温暖化論議は冷静に(前編)
底抜けニッポン(中編)
エコロジーの国際政治学
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
悪魔は目を覚ますのか?
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:29| Comment(20) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。