2009年11月22日

あなたの部屋に死体があったら…

日本国内では、毎日のように新しい本が出版されています。
次はどんな本と交遊するのか。新たな出会い探しには、常時更新されるオンライン書店ビーケーワンの発売開始情報が便利です。
そういえば以前、奇抜なタイトルと面白そうな紹介文が添えられた作品があったことを思い出しました。
妹の部屋に見知らぬ女の死体。
動揺のあまり逃亡した妹に代わって、事件を隠蔽しようとする姉。
タイトルは『ここに死体を捨てないでください!』

誰だって動揺しますよね。自分の部屋に、誰かが勝手に死体を捨てて行ったら。これはかなり面白そうです。



ここに死体を捨てないでください!
東川篤哉 著

実際のストーリーは、出版社の紹介文から想像したのとは、ちょっと違っておりまして…

弁護士を目指す大学生の有坂春佳は、玄関から不審な物音がするのに気付きました。
もしや変質者か…いきなり扉が開かれ、見知らぬ女が飛び込んで来ました。身の危険を感じた春佳は、キッチンにあった果物ナイフを手にします。
キッチンの床に横たわる、微動だにしない女の身体。春佳は女を殺してしまったのか…動転した春佳は、アパートを飛び出しました。

シリアスな展開を期待していたところ、物語の舞台となる街の名前に、目が点。
烏賊川市…イカガワシイ、これってもしかしてバカミス
不純文學を愛する管理人、人を食ったようなバカミスは大好きであります。
こうなったら、とことん笑わせてもらおうではありませんか!

仙台へ逃亡した春佳は、姉の香織に電話して助けを求めます。
香織のアドバイスは、なんと「警察には通報するな!」。
弁護士を目指す優秀な妹を、殺人犯にしてはいけない。香織は事件を隠蔽すべく、春佳の部屋の死体をどこかに捨てようと決意します。
もちろん、死体遺棄は立派な犯罪です!
果たして有坂香織は、完全犯罪を成し遂げて、妹の危機を救えるのでしょうか?

表紙の赤いミニ・クーパーは、もちろんストーリーと関係していますよ。

(11月16日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。