2010年01月03日

ドバイはヤバイ?

昨年11月25日、ドバイ政府が政府系持株会社「ドバイ・ワールド」の債務返済繰り延べを要請したことに端を発したドバイショック。
リーマンショックの再来かと騒がれましたが、急激な円高や株価の下落は一段落し、ひとまず世界経済は安定を取り戻したようです。
【参考】池田信夫blog 経済危機は資本主義の強さを証明した

ドバイにはまだ「燃える投資」があるのでしょうか?



ドバイの憂鬱

世界金融危機で、ドバイの不動産バブルは崩壊しました。ふたたび絶頂期に戻ることは困難でしょう。
しかし、バブルの沈静化で電力の供給不安がなくなり、原材料価格が低下したことでインフラ整備が成長に追い着くようになりました。むしろドバイの景気は正常化したといえます。
起業の容易い自由な商環境も、ドバイの好材料です。

湾岸諸国で最も経済成長力があるのは、世界一の天然ガス産出国であるカタール。教育・研究に力を入れ、金融機関の経営状態も良好です。
次いでサウジアラビアは、人口増加が続いており、今後も大きな不動産需要が見込めます。
ドバイと同じくUAE(アラブ首長国連邦)を構成するアブダビも、堅実な成長を続けています。

湾岸諸国にはドバイよりも有望な国があること、バブル崩壊で湾岸経済はむしろ健全化したとの報告は、本書で得られた有益な情報です。
ただ、同じような話題の繰り返しが多いですね…

(12月30日読了)★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 09:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。