2010年02月15日

描かれた邪馬台国

なんと(710)大きな平城京…今年は平城京遷都1300年。
奈良に都があったのは短い期間ですが、数々の政変が繰り返され、行基や道鏡など異能の人物を輩出しました。
学者にして政治家の吉備真備も、その一人。遣唐使の留学生となり、帰朝後は遣唐副使、右大臣などの要職に就きました。



吉備大臣入唐絵巻

平安時代末期(後白河院政)に制作された『吉備大臣入唐絵巻』は、吉備真備をモデルとした説話を描いています。
唐に渡った吉備大臣は高楼に幽閉されますが、鬼になった阿倍仲麻呂に難を救われるというストーリーです。
ただし史実では、吉備真備の入唐時に阿倍仲麻呂は存命でした。
歴史上の人物は吉備真備、説話の登場人物は吉備大臣と表記します。


吉備大臣が幽閉された高楼は、弥生時代に造られた高床式の高層建築物であると、著者の倉西裕子は主張します。吉野ヶ里遺跡の高床式建物や、かつて高さが48メートルもあったとされる出雲大社の復元模型のイメージです。
そして弥生時代に高層神殿に住んでいた(幽閉されていた)とするのが、邪馬台国の女王・卑弥呼です。
吉備真備と卑弥呼。あまりにも飛躍しすぎではないかと思うのですが、本書は弥生時代と奈良時代の東アジア情勢が、極めて似通った状況にあったと論じます。

吉備真備が生きた時代、唐は玄宗の治世で最盛期を迎えていました。海を越えて、日本まで遠征してきそうな勢いです。
吉備大臣が唐の皇帝から受けた試練は、日本と唐の緊迫した外交関係を暗示しているかのようです。出国を禁じられていた鑑真を渡航させたことも、日唐関係を悪化させたことでしょう。
吉備大臣入唐絵巻には、邪馬台国時代にまで遡る、日本の外交史が隠されているのだと言います。

倉西裕子は、中華王朝の覇権主義に屈することなく日本の独立を護ってきた先人たちを、高く評価しています。
彼女の愛国の志には大いに共感しますが、平清盛の日宋貿易を全否定するのは鎖国主義ではないのか、白村江の敗戦で日本を亡国寸前に追い込んだ天智天皇を絶賛するのは如何なものか、疑問を抱いたことも付け加えておきます。

(2月13日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
日本史法廷、判決は…
秘仏封印
女帝・かぐや姫


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。