2010年02月28日

国難は海からやってくる

日本は、四方を海に囲まれています。海は豊かな水産資源をもたらすとともに、我が国を異国の侵略から防いできました。
しかし見方を変えれば、長大な海岸線のすべてが国境であるとも言えます。難民やテロリストは、どこからでも日本に上陸できるのです。



平成海防論

本書は東シナ海のガス田、捕鯨と環境テロリスト、ソマリア沖の海賊、北朝鮮工作船など、すべての日本人が常識として共有すべき問題を採り上げています。
以下は、個人的な感想。

尖閣諸島は日本固有の領土であり、日本国とはどこからどこまでなのか、きちんと教えるのが義務教育の責務。
中華人民共和国が尖閣諸島の領有を主張し始めたのは、この海域に資源が存在する可能性が示唆された1970年代以降です。

鯨肉の消費が減っているのに、テロリストと戦いながら調査捕鯨を続ける意義はあるのでしょうか。調査捕鯨に投じる予算があるなら、海上保安庁の装備をアップデートすべきです。
捕鯨支持派は鯨肉を食べたいのではなく、日本が捕鯨を止めると外圧に屈したと思われるのが嫌なだけではないでしょうか。捕鯨が守るべき伝統文化ならば、日本近海で行うべきです。南氷洋まで出向くのは、伝統的な捕鯨ではありません。

ソマリア沖に派遣された海上自衛隊。日本には憲法9条があり、自衛隊はどのような状況であれば武器を使用できるのか、そればかりが議論されますが、あまりにもナンセンスです。
私たちが他国の憲法をほとんど知らないように、外国人は日本に憲法9条があることを知らないでしょう。戦場では、戦場のルールに従うしかないのです。

(2月22日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
竹島、尖閣、北方領土…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。