2010年05月23日

ネット時代の神話

バブル崩壊後の1990年代は「失われた10年」と呼ばれ、さらには2000年代も含めて「失われた20年」という人もいます。
21世紀に入って早10年。インターネットが日常生活から切り離せなくなった現在、文学をはじめとする文化批評はどうあるべきなのか。「ゼロ年代批評最後の大物新人」(by東浩紀)という大層なフレーズが踊る、福嶋亮大によるネットワーク時代の文化論。



神話が考える

神話という言葉は「安全神話の崩壊」という具合に、なんらかのイデオロギーと結びついて使われます。しかし本書でいう神話とは、単純に情報処理の方程式のことです。
それでは「神話」という言葉を使う必要があるのか…そう思いながら読み始めたのですが、マルクス主義だとか経済成長だとかの「大きな物語」が失われた現在、サブカルチャーが神話の役割を果たしていると考えることは出来るでしょう。

正直言って、読み物として面白くはありませんでした。抽象的な文化論って、どうしても批評のための批評という感じがしてしまうので。それに私は、アニメやゲームのことも分かりません。したがいまして、本書の正当な評価は出来かねますので、ご了承ください。
著者のブログ『仮想算術の世界』では、鹿児島県阿久根市長の「障害者差別発言」のような具体的な問題も採り上げていて、面白いです。

サブカルチャーの世界に疎い者にとって、アニメ『∀ガンダム』やゲーム『東方project』といった個別の作品の批評は新鮮でした。
著者の専門が中国近代文学ということで、中華人民共和国のラノベ事情(あまり作者が公に顔を出さない日本に対し、作者と読者が近い)に触れているのも興味深いです。

福嶋亮大は「リベラルな民主主義」の他に政治的バリエーションはないと言い切っていますが、これには大いに疑問あり。

(5月17日読了)★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。