2010年06月27日

貴族将軍の苦悩

歴史ネタが多くなっている、不純文學交遊録。
小学校4年生の頃、邪馬台国論争の存在を知ったのがきっかけで、私は歴史の世界に足を踏み入れました。
一番最初に好きになった歴史上の人物は、源頼朝です。平家物語などに描かれた源平の争乱のダイナミックさと、武家政権を創出した人物像に強く興味を惹かれました。



山川出版社の『日本史リブレット・人』に、待望の源頼朝が加わったので読んでみました。
鎌倉幕府を開いた頼朝は、武士でありながら京にあって貴族化し堕落した平氏に対し、東国に武士による武士のための社会を築いた人物と評されています。
しかし実際の頼朝は、京の貴族社会で生まれ育ったのであり、東国とは全く無縁でした。皮肉にも平治の乱に敗れて伊豆へ流されたことで、頼朝は初めて源氏ゆかりの東国の地を踏んだのです。

平氏打倒の兵を挙げた頼朝のもとに、かつて父・義朝と主従関係を結んでいた東国武士たちが馳せ参じます。しかし彼らの真の目的は、頼朝を主君に担ぐことで、自らの領地の安堵を図ることでした。西国まで遠征して平氏と戦うことには、消極的だったようです。
ただし藤原氏を滅ぼした奥州合戦は、東国武士にとって領土拡張のチャンスであり、積極的に参戦したと考えられます。

豊臣秀吉・徳川家康など後世の武将から崇拝された頼朝ですが、物語に華々しく描かれた弟・義経に比べると、世間一般での人気は高くありません。
どうも私は、主役よりも脇役に感情移入しやすいようで…。敵役である平清盛についても、日宋貿易による経済振興を評価しています。
なお、平家物語で名高い一の谷の戦いの鵯越は、近年の研究では義経ではなく、摂津源氏の多田行綱によるものだそうです。

(6月27日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
サンチンセイコウブ
卑弥呼は箸墓に眠るのか?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

これからの「真理」の話をしよう

人間はなぜ生きているのか?
宇宙ってなんだろうか?
1+1はなぜ2になるのか?

世界の真理や人生の意味を求めて、思考の泥沼で格闘していた若者も、進学し就職して、いつしかツマラナイ大人の一人になります。
もしかしたら、未だに真理を追い続けている、大人になれない不器用な人もいるかもしれません。



澤村勇介は、何でもかんでも徹底的に思い詰め、考え詰めてしまう高校生。日々の思考をルーズリーフに書き留めていました。
勇介のルーズリーフに目を留めたのは、読書家で軽音楽部のギタリスト、JJ(岡田修作)。将来は東大に入るのか、それともプロのミュージシャンになるのかと、噂される男です。勇介に共感したJJは、彼を「思想結社X」に誘います。
「思想結社X」のもう一人のメンバーは、勉強もスポーツもできる学園のアイドル、ミズキ(北沢美月)でした。勇介は思わぬきっかけで、憧れの美少女と急接近することになったのです。

三人はキャンプをしたり旅行をしたりして、哲学問答を繰り返していましたが、やがて卒業という別れの日がやってきます。JJとミズキは日本の最高学府・東大へ進学。しかし勇介は進路を決めておらず、上京する二人を見送りました。永遠の友情を誓って。
7年間の放浪の末、勇介は世界を統一的に記述できる、究極の真理を解き明かしたと宣言します。自らの到達した真理を世界に認めさせるべく、彼の戦いの日々が始まりました。数々の職業を転々とし、精神病を患い、自殺未遂までした著者・鈴木剛介の半生が重なってきます。

※この先、未読の方はご注意ください!

続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ドルの時代は続くのか

大幅な経常収支赤字が続き、消費過剰・貯蓄過少のアメリカ。
一方、輸出で外貨を獲得して貯蓄過剰のアジア新興国。
このような状態(グローバル・インバランス)は、いつまで持続可能なのでしょうか。



アメリカの経常赤字にも関わらず、ドルが下落せずに基軸通貨であり続けられたのは、アメリカが魅力的な輸出市場であり、流動性の高い発達した金融システムを備えていたからです。また、突出した軍事的優位性もあるでしょう。
各国は輸出に有利なよう、自国通貨の増価を抑えるためにドル買いし、ドルで外貨準備を蓄積しました。

かつてのブレトンウッズ体制は、OECDに加盟する比較的同質な経済体制をもつ国々によって成り立っていました。
しかし現在の世界金融市場(新ブレトンウッズ体制?)にはアジア・ラテンアメリカ・中東諸国などが加わり、ブレトンウッズ体制よりもはるかに同質性が低くなっています。これまでのように、各国が協調してドルを買い支えることで、国際金融システムの安定が図られるとは限りません。加えてユーロという選択肢もあります。

本書は国際金融論の大家であるバリー・アイケングリーンが、今後の通貨体制のあり方を歴史から検証しています。特にブレトンウッズ体制を水面下で支えた「金プール協定」の存在は、興味深い記述です。
日本が固定相場制から脱却した過程は、中華人民共和国の人民元が変動相場制へ移行する際のモデルとなるでしょう。
国際金融史がよくわかる本ですが、刺激的な提言や大胆な未来予測はありません。

原著は2006年の刊行。世界金融危機が表面化する前であり、当然ながら昨今のギリシア危機は織り込まれておりません。
著者は、複数の通貨がドルと並んで準備通貨の地位を分け合うシナリオを示唆していますが、さまざまな経済・財政状況の国家を抱えるユーロの脆弱さが露呈した現在では、ユーロの評価が過大な気がします。

(6月14日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
これがバブルだ!
アメリカは自滅したがっている?
それでもバブルは繰り返す
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

食料自給率に騙されるな!(後編)

コメを減反しながら毎年約80万トンも輸入される、ミニマムアクセス米。
転作奨励金を払って生産しているのに質が悪くて使われない、国産小麦。
乳製品は豊富なのにバターだけが店頭から消えた、不透明な利権の存在。

無駄な農業保護を止めれば、財政支出を大幅に削減できるだけでなく、生活必需品である食料品の価格を下げることができます。そうすれば低所得者の可処分所得が増えて、消費の回復につながるでしょう。
農水省の廃止こそ、最強の経済政策ではないでしょうか。



やるべきことは日本の農業の効率化であり、安定した食料の確保です。
やるべきことをやった結果、自給率が上がろうが下がろうが関係ありません。
自給率を目的にすべきではないのです。

それでも食料はすべて自給すべきとの反論はあるでしょう。
例えば、フードマイレージやバーチャルウォーターの問題。食料の輸出入には、当然ながら多くのエネルギーを消費します。なるべく地産地消すべきだとの理屈に異論はございません。
では、工業製品はどうでしょう。日本がCO2排出を負担して製造した太陽電池やハイブリッドカーで、他国がCO2排出を削減しているわけですが、馬鹿馬鹿しいからやめろとでも言うのでしょうか。
何でも自給自足することが、経済効率が高いわけではないのです。
当blogにコメントを下さったyutakarlson様は、バーチャルCO2という概念を提唱しています。

あるいは、農業が日本の風土や文化を育んできたのであり、農業に経済の論理を持ち込むべきではない、農業は聖域だとの反論もあるでしょう。
私も、農業の文化的な価値を否定はしません。機械や化学肥料に頼らず、昔ながらの田園風景や里山を保全し、農耕神事などの伝統を継承する農家は、農業としてではなく重要無形文化財として保護すれば良いのです。

ツイッターで当方の提言に賛同された皆様、ありがとうございました。

(6月7日読了)★★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
食料自給率に騙されるな!(前編)
食糧危機は、やってこない。
農政に「NO」を!(前編)
農政に「NO」を!(後編)
ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

食料自給率に騙されるな!(前編)

本年1月1日から、Twitter(ツイッター)を始めました。
最初は140文字以内のつぶやきを投稿するだけでしたが、言論プラットフォーム『アゴラ』が提唱するツイッター討論「食料自給率を上げるべきか?」(#jikyuritsu)に参加したことで、ハッシュタグやリツイートといった、ツイッターの機能を理解することができました。
自分の発言が気に入ってもらえると、他の参加者がリツイートしてくれます。



日本の食料自給率は約41%で、先進国中最下位の危機的な状況にあるとして、政府・農水省は「FOOD ACTION NIPPON」なる国民運動を展開しています。
ところがコメはもちろん、スーパーの店頭に並ぶ肉や野菜はほとんどが国産品です。41%という数字は一体どこから出てきたのでしょうか。

農水省が発表する自給率は、カロリーベースの数値です。
国内で生産された農産物のカロリーには、農家が自給して市場に出回らない作物、生産過剰や規格外で廃棄される作物は含まれていません。実際の国内農業の生産力よりも過小評価されています。
また畜産物の場合、飼料自給率が乗じて計算されるため、輸入飼料で育った家畜は、国産であっても自給率ゼロです。

もうひとつの自給率の算出方法は、生産額ベースです。この場合、日本の自給率は約66%に跳ね上がります。さらに農業生産額は約8兆円、日本は世界第5位の農業大国なのです。
実は、食料自給率とは日本だけの政策目標であり、他国にはそのような指標すらありません。他国の自給率は、日本の農水省が計算したものです。
意図的に低くされた日本の食料自給率は、農産物の輸入自由化を阻止し、国内の農業利権を保護するための方便に過ぎないと著者・浅川芳裕(月刊『農業経営者』副編集長)は糾弾しています。

いくら生産額ベースの自給率が高くても、家畜の飼料は大部分を輸入に頼っており、貿易がストップしたら国内で肉の生産が出来なくなるとの反論があるかもしれません。
しかし、家畜の飼料だけを問題にしても意味はありません。石油の輸入がストップしたら、農業そのものを続けることが出来ないのです。
ちなみに貿易がストップすれば、食料自給率は100%になります。

6月19日放送のNHK教育テレビ『青春リアル』に登場する農水省キャリア官僚は、食料自給率100%を目指しているようです。頼むから止めて欲しい…

つづく
ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

サンチンセイコウブ

邪馬台国の女王・卑弥呼と台与が活躍したのは、3世紀。その後、日本列島の出来事は支那の歴史書に記されず、空白の4世紀と呼ばれています。
邪馬台国はその後どうなったのか、大和朝廷はどのようにして生まれたのか、いまだ謎に包まれています。

ふたたび日本が支那の歴史書に姿を現すのが、5世紀(南北朝時代)の「倭の五王」です。倭の五王とは、南朝の宋へ使者を派遣した讃・珍・済・興・武の5代の王を指します。



倭の五王の時代は、応神天皇から雄略天皇の治世に相当すると考えられていますが、日本の歴代天皇の誰にあたるのか、結論はまだ出ていません。
讃と珍は兄弟、済の子が興で、興の弟が武であることはわかっています。しかし讃・珍と済の関係がはっきりしないのです。
また、第15代応神天皇と第16代仁徳天皇の事績には類似したエピソードが多く、一人の天皇の業績を二代に分けたとする説もあります。世界最大の墓の主は、一体誰なのでしょうか。

ただし最後の武は、ワカタケルこと第21代雄略天皇であることが有力視されています。ワカタケルの名は稲荷山古墳(埼玉県)、江田船山古墳(熊本県)から出土した鉄剣に刻まれており、大和朝廷の覇権が関東から九州にまで及んでいたことをうかがわせます。
(ワカタケルを第29代欽明天皇だとする説もあります)

本書は『日本史リブレット人』の一冊。倭と宋の外交にとどまらず、当時の朝鮮半島諸国との関係、大和朝廷の支配体制など、日本の国家成立のプロセスをコンパクトにまとめています。
特に雄略天皇の治世は、大和朝廷の体制が確立したエポックメイキングな時代として詳細に論じられています。1500年以上前の人物の事績が、歴史学からも考古学からも明らかになるとは、感慨深いものがありますね。

(6月7日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
邪馬台国はどこへ行った?
卑弥呼は箸墓に眠るのか?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

OINKな歴史

日本は古くから朝鮮半島との交流があり、稲作や仏教などの先進的な文物は朝鮮半島から取り入れたと、私たちはなんとなく信じています。
また、日本の皇室のルーツは朝鮮半島であるとか、朝鮮半島から侵入した騎馬民族が日本列島を統一したと述べる論者もいます。



しかしながら、現存する朝鮮半島最古の歴史書であり、高麗王朝の正史である『三国史記』には、新羅の礎は倭人が築いたと記されているのです(新羅の第4代王・脱解は、倭人だったといいます)。
『三国史記』の三国とは、新羅・高句麗・百済のことであり、高麗は新羅の正統な継承国であるとの立場から書かれています。
逆に皇室のルーツが朝鮮半島ならば、倭国は韓人が建国したと誇らしげに書いてあっても良さそうなものです。

また『隋書』によれば、倭国は産物が豊かで、新羅も百済も文化大国として倭国に敬意を表していたといいます。
よく考えてみれば、イネは南方系の植物ですから、緯度の高い朝鮮半島から入って来るのは不自然ですね。「日本のルーツは、なんでもかんでも朝鮮半島経由」という固定観念は捨てましょう。

著者・室谷克実は、時事通信社でソウル特派員、宮崎・宇都宮各支局長等を歴任しました。
大韓民国でしか起こりえないことをOINK(Only in Korea)と呼ぶそうですが、著者はOINKな歴史観の数々を鋭く指摘しています。
ただ、倭国とは大和朝廷ではなく九州王朝のことであるとする古田武彦の説に依拠する本書も、特定の立場に偏向していると言えなくはありませんが…

(5月31日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
偽史倭人伝
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

やりたいことが、なくてもいい。

クルマを買わない、旅行に行かない、出世したくない…近年、欲望を喪失した草食系の若者が増えているといいます。
「夢を持て」「個性的な人間になれ」「自分のやりたいことを仕事にしろ」と教えられても、人生なかなか思うようにはいきません。
学校を卒業してもやりたいことが見つからず、アルバイトをしながら自分探しをしたところで、結局は天職にめぐり会えずに高齢フリーターとなってしまった人もいるでしょう。一種の強迫観念ともいえます。
やりたいことがないことは、そんなに悪いことなのでしょうか?



利益を出すことが目的ではなく、社会を変えることを仕事にする人を、社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)と呼びます。

著者・山本繁はNPO「コトバノアトリエ」代表。学生時代に不動産情報サイトを立ち上げたのですが、自分のやりたいことではなかったと気付きます。
自分のなかにニーズがないのなら、他人のニーズのために生きよう…やりたいことがある人の夢を手助けする、彼の活動が始まりました。
◇ひきこもりやニートの作家デビューを支援する「神保町小説アカデミー」
◇ニートのためのインターネットラジオ番組「オールニートニッポン」
◇地方から上京した漫画家志望の若者に住居を提供する「トキワ荘プロジェクト」
3度目の挑戦である「トキワ荘プロジェクト」で、事業はようやく黒字化しました。これは社会貢献というよりは、ニッチな不動産業という感じがします。だからこそビジネスとして成り立ったのでしょう。

国・地方自治体の財政状況は厳しく、医療・福祉・教育などの公共サービスの低下が危ぶまれます。これから先、小さな政府になってゆく日本では、社会企業家の役割が重要であると著者は言います。

(5月24日読了)★★★★


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。