2010年06月20日

食料自給率に騙されるな!(後編)

コメを減反しながら毎年約80万トンも輸入される、ミニマムアクセス米。
転作奨励金を払って生産しているのに質が悪くて使われない、国産小麦。
乳製品は豊富なのにバターだけが店頭から消えた、不透明な利権の存在。

無駄な農業保護を止めれば、財政支出を大幅に削減できるだけでなく、生活必需品である食料品の価格を下げることができます。そうすれば低所得者の可処分所得が増えて、消費の回復につながるでしょう。
農水省の廃止こそ、最強の経済政策ではないでしょうか。



やるべきことは日本の農業の効率化であり、安定した食料の確保です。
やるべきことをやった結果、自給率が上がろうが下がろうが関係ありません。
自給率を目的にすべきではないのです。

それでも食料はすべて自給すべきとの反論はあるでしょう。
例えば、フードマイレージやバーチャルウォーターの問題。食料の輸出入には、当然ながら多くのエネルギーを消費します。なるべく地産地消すべきだとの理屈に異論はございません。
では、工業製品はどうでしょう。日本がCO2排出を負担して製造した太陽電池やハイブリッドカーで、他国がCO2排出を削減しているわけですが、馬鹿馬鹿しいからやめろとでも言うのでしょうか。
何でも自給自足することが、経済効率が高いわけではないのです。
当blogにコメントを下さったyutakarlson様は、バーチャルCO2という概念を提唱しています。

あるいは、農業が日本の風土や文化を育んできたのであり、農業に経済の論理を持ち込むべきではない、農業は聖域だとの反論もあるでしょう。
私も、農業の文化的な価値を否定はしません。機械や化学肥料に頼らず、昔ながらの田園風景や里山を保全し、農耕神事などの伝統を継承する農家は、農業としてではなく重要無形文化財として保護すれば良いのです。

ツイッターで当方の提言に賛同された皆様、ありがとうございました。

(6月7日読了)★★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
食料自給率に騙されるな!(前編)
食糧危機は、やってこない。
農政に「NO」を!(前編)
農政に「NO」を!(後編)


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。