2010年06月21日

ドルの時代は続くのか

大幅な経常収支赤字が続き、消費過剰・貯蓄過少のアメリカ。
一方、輸出で外貨を獲得して貯蓄過剰のアジア新興国。
このような状態(グローバル・インバランス)は、いつまで持続可能なのでしょうか。



アメリカの経常赤字にも関わらず、ドルが下落せずに基軸通貨であり続けられたのは、アメリカが魅力的な輸出市場であり、流動性の高い発達した金融システムを備えていたからです。また、突出した軍事的優位性もあるでしょう。
各国は輸出に有利なよう、自国通貨の増価を抑えるためにドル買いし、ドルで外貨準備を蓄積しました。

かつてのブレトンウッズ体制は、OECDに加盟する比較的同質な経済体制をもつ国々によって成り立っていました。
しかし現在の世界金融市場(新ブレトンウッズ体制?)にはアジア・ラテンアメリカ・中東諸国などが加わり、ブレトンウッズ体制よりもはるかに同質性が低くなっています。これまでのように、各国が協調してドルを買い支えることで、国際金融システムの安定が図られるとは限りません。加えてユーロという選択肢もあります。

本書は国際金融論の大家であるバリー・アイケングリーンが、今後の通貨体制のあり方を歴史から検証しています。特にブレトンウッズ体制を水面下で支えた「金プール協定」の存在は、興味深い記述です。
日本が固定相場制から脱却した過程は、中華人民共和国の人民元が変動相場制へ移行する際のモデルとなるでしょう。
国際金融史がよくわかる本ですが、刺激的な提言や大胆な未来予測はありません。

原著は2006年の刊行。世界金融危機が表面化する前であり、当然ながら昨今のギリシア危機は織り込まれておりません。
著者は、複数の通貨がドルと並んで準備通貨の地位を分け合うシナリオを示唆していますが、さまざまな経済・財政状況の国家を抱えるユーロの脆弱さが露呈した現在では、ユーロの評価が過大な気がします。

(6月14日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
これがバブルだ!
アメリカは自滅したがっている?
それでもバブルは繰り返す


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。