2010年06月27日

貴族将軍の苦悩

歴史ネタが多くなっている、不純文學交遊録。
小学校4年生の頃、邪馬台国論争の存在を知ったのがきっかけで、私は歴史の世界に足を踏み入れました。
一番最初に好きになった歴史上の人物は、源頼朝です。平家物語などに描かれた源平の争乱のダイナミックさと、武家政権を創出した人物像に強く興味を惹かれました。



山川出版社の『日本史リブレット・人』に、待望の源頼朝が加わったので読んでみました。
鎌倉幕府を開いた頼朝は、武士でありながら京にあって貴族化し堕落した平氏に対し、東国に武士による武士のための社会を築いた人物と評されています。
しかし実際の頼朝は、京の貴族社会で生まれ育ったのであり、東国とは全く無縁でした。皮肉にも平治の乱に敗れて伊豆へ流されたことで、頼朝は初めて源氏ゆかりの東国の地を踏んだのです。

平氏打倒の兵を挙げた頼朝のもとに、かつて父・義朝と主従関係を結んでいた東国武士たちが馳せ参じます。しかし彼らの真の目的は、頼朝を主君に担ぐことで、自らの領地の安堵を図ることでした。西国まで遠征して平氏と戦うことには、消極的だったようです。
ただし藤原氏を滅ぼした奥州合戦は、東国武士にとって領土拡張のチャンスであり、積極的に参戦したと考えられます。

豊臣秀吉・徳川家康など後世の武将から崇拝された頼朝ですが、物語に華々しく描かれた弟・義経に比べると、世間一般での人気は高くありません。
どうも私は、主役よりも脇役に感情移入しやすいようで…。敵役である平清盛についても、日宋貿易による経済振興を評価しています。
なお、平家物語で名高い一の谷の戦いの鵯越は、近年の研究では義経ではなく、摂津源氏の多田行綱によるものだそうです。

(6月27日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
サンチンセイコウブ
卑弥呼は箸墓に眠るのか?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。