2010年08月29日

またまた古墳と交遊

またまた古墳という言葉に惹かれて、行って参りました。
福井県鯖江市まなべの館(旧称:鯖江市資料館)
企画展「越の弥生王墓」(期間:平成22年8月7日〜31日)

鯖江市には、弥生時代の方形周溝墓が良好に保存された王山古墳群(弥生時代中期〜古墳時代前期)があります。日本海側のコシ(越)・イズモ(出雲)・タニハ(丹波)は、早くから海上交通による交流がありました。企画展では、福井県内で発掘された弥生墳墓の副葬品を展示するとともに、日本海側各地の四隅突出型墳丘墓や台状墓をパネル紹介しています。
首飾りだと考えられていた管玉やガラス玉は、布に縫い付けたり、ヘアバンド状に繋げて、頭飾りにしていた可能性があるそうです。建物や人の姿が描かれた家屋人物獣文鏡も、面白い出土品でした。

常設展も見てきました。
まなべの館の名称は、越前鯖江藩主で幕末の老中、間部詮勝に由来します。
2階には、藩主・間部家に関する「まなべの部屋」、越前吉江藩(現在の鯖江市)生まれとされる近松門左衛門の作品を紹介した「近松の部屋」、一万年以上前に遡る考古資料を展示した「考古学の部屋」があります。最も展示品が充実しているのは「考古学の部屋」ですね。
3階には、鯖江市出身の久里洋二(アニメーション作家)と西山真一(洋画家)のギャラリー。館内のエレベーターの扉にも、久里のカラフルなイラストが描かれています。文系ブロガーにとって久里洋二といえば、雑誌『現代思想』の表紙でおなじみですね。

本日は、貸し切り状態で観覧できました(笑)

【関連サイト】
鯖江市まなべの館
【不純文學交遊録過去記事】
王山古墳群と舟津神社


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

誰もピラミッドを知らない

世界の七不思議を選ぶとなると、今でも筆頭に挙がるのがエジプトのピラミッド。
一般にピラミッドは王の墓だと考えられていますが、何のために作られたのか、どのような方法で建造されたのか、未だ多くの謎に包まれています。



エジプト学者・大城道則はこう言います。
ピラミッドは誰もが知っているが、ピラミッドが何であるかは誰も知らない。
歴史学・考古学には実証性が求められますが、ピラミッドの謎に挑むには、主観的な想像性と創造性を優先させて良いのかもしれません。

ピラミッドといえばギザの三大ピラミッド、とりわけケオプス王(クフ王)のものが有名です。しかし本書は、多くの出版物やTV番組でお馴染みの、クフ王のピラミッドの謎解きをするのではありません。
タイトル通り、ピラミッドの誕生に至る歴史の解明が主題であり、エジプト文明の黎明期から最初のピラミッドであるネチェリケト王(ジョセル王)の階段ピラミッドまでが本書の扱うタイムスパンです。

エジプト文明はナイル川周辺だけで成り立っていたのではなく、世界最初の文明圏であるメソポタミアをはじめ、北方の地中海世界、南方のヌビア地域、そして西方のサハラ砂漠から文化的影響を受けています。
サハラ砂漠周辺で見られる牛の図象は、古代エジプトの埋葬文化に大きく影響しているようです。当時のサハラ砂漠は、今と違って緑豊かな場所でした。
ピラミッド以前の古代エジプト史も、結構深いのです。

著者は、今年1月に亡くなったミステリ作家・北森鴻と親交がありました。彼が天に召されたのは、奇しくも本書が書き上がった日だったそうです。

(8月15日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
古代エジプトの叡智
フィールドワークは死を招く
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

過去から未来をデザインする

かなり古い話になります。
「みなさんお元気ですか〜」と呼びかける井上陽水のCMが、昭和天皇の病状に配慮して口パクになり話題となった日産セフィーロ。
1988年にデビューしたセフィーロ(A31)は、小径のプロジェクターヘッドランプをクリアパネルで覆ったフロントマスクに、なだらかに弧を描くルーフライン、そして豊かな面で構成されたフェンダーが、非常に斬新なセダンでした。
前年の第27回東京モーターショーに出品され、世界的に高い評価を受けた4ドアセダンのコンセプトカー『ARC-X』のデザインモチーフを具現化したようなクルマです。



セフィーロのデザインを手掛けたのは、和田智。
モーターファン別冊ニューモデル速報第63弾『セフィーロのすべて』に登場して以来、注目していたカーデザイナーで、他には電気自動車『ハイパーミ二』とコンパクトスポーツカー『IF』が印象に残っています。

その後、和田は日産自動車からアウディAGに移籍。
かつてアウディといえば、徹底したエアロフォルムとフルタイム四輪駆動(クワトロ)による先進的なイメージはあるものの、メルセデスベンツやBMWのようなブランド・ヴァリューはありませんでした。
上品だが存在感の強さに欠けるアウディに、フロントグリルとバンパーダクトを一体化したインパクトのある顔を与えたのが和田です。彼がデザインしたA6のシングルフレームグリルは、現在に至るアウディのアイデンティティとなっています。

2010年、和田はアウディから独立して帰国。SWdesignTOKYOを設立しました。
メーカーのデザイナーに求められるのは、マーケットで勝つための押しの強いデザイン。しかし売れるためなら手段を選ばないデザインでは、本当に良いものは作れません。会社の一員であるインハウスデザイナーでは、社会を変える仕事は出来ないと感じたのです。たとえ電気自動車を作っても、新しい暮らし、新しい価値観の提案がなければ、エコどころか電気自動車という名のゴミが増えるだけです。

新しいものを作るには、過去に対する敬意を持ち、今を解釈し、未来をデザインする。
それは、単に過去の意匠を反復することで新しいと錯覚させるレトロデザインとは違います。

(8月13日読了)★★★★

【関連サイト】
SWdesign TOKYO
※クリックするたびに別ウィンドウが開くのが鬱陶しい。社会そのものをデザインするクリエイターのサイトなら、早急になんとかすべきでは…
【不純文學交遊録・過去記事】
フェラーリをデザインした日本人
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

殺意の声が見える

ロナルド・ノックスの探偵小説十戒に「探偵は超自然能力を用いてはならない」あるいは「偶然や第六感で事件を解決してはならない」というものがあります。探偵が超能力で犯人を名指して事件は解決…では、ミステリは面白くありません。
では、探偵がある特殊な能力によって犯人が分かってしまったうえで、成り立つミステリはあるのでしょうか。



とある地方都市で、女性を殺害して焼却する猟奇事件が続発。犯人は遺体を焼くことから「フレイム(炎)」と呼ばれています。高校生の甘祢山紫郎は、フレイムの手によって幼なじみの少女・神崎花恋を失いました。後追い自殺を企てた山紫郎を救ったのは、派手な銀髪を腰まで伸ばした若い女でした。
彼女の名は音宮美夜。田舎のヤンキーみたいな風貌ですが、物腰には育ちの良さも感じられます。美夜は、音を聴くと色や形が見える共感覚の持ち主で、山紫郎の声が蒼く糸を引いて見えたことから、彼が自殺志願者だと見抜きました。美夜はその能力(というか体質)を買われて、ある人物からフレイム事件の捜査を依頼されていると言います。

美夜は、音が見え過ぎて精神に負担が掛かるため、普段はコンタクトレンズで視覚を調整しています。状況に応じてコンタクトを取り替えるなんて面倒なことをしなくても、サングラスを掛ければいいのに…と思うのですが、そこには彼女のもうひとつの「キョウカンカク」が隠されているのです。
犯人と思しき人物は早い段階で目星が付きますし、美夜も彼の声に濃厚な殺意の色を見ます。しかし彼には鉄壁のアリバイがあり、美夜の共感覚以外に犯行を裏付けるものは何もありません。読者の想像を遥かに超えた真相が待っています。

第43回メフィスト賞受賞作(著者・天祢涼)。
いかにもなイラストの表紙に、特殊な能力をもつ美少女探偵が主役ときたら、どうせ「キャラ萌えラノベ」だろうと思って手に取るのを躊躇していましたが、かなり楽しめました。書物を外見で判断してはいけませんね。
ただ、美夜のもうひとつの「キョウカンカク」は、ちょっとやり過ぎでは…

(8月9日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
ミステリに中国人が登場したっていいじゃない
生物界という密室(クローズド・パラダイス)
究極のトリック
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

究極のサイエンス

低温・高圧・強磁場という極限の世界。
魅力的な言葉の響きに惹かれて、講談社ブルーバックスの一冊を読んでみました。



物性物理という分野の予備知識がないと読み辛い、とても硬派な一冊。
しかし、読書家で知られる成毛眞も「理解できない専門用語が出てくるが問題ない」と書いているので、安心しました。科学の入門書というイメージが強いブルーバックスですが、本来は専門家が最先端の科学を手加減なしに紹介する本だったそうです。
成毛眞ブログ『極限の科学』
読者は内容をすべて理解できなくても、何かしらの科学のエッセンスを感じ取れれば良いわけですね。

つい、これはどんな製品に応用できるのかなと現世利益的なことばかり考えてしまうのですが、画期的な発明・発見は、役に立つかどうか判らない地道な基礎研究があってこそ。
文系読者が楽しめるのは、自然界のさまざまな分野における極限について述べた第1章の「極限序説」と、第終章の「宇宙の極限物性」。極限環境に棲息する生物とか、白色矮星やブラックホールの話題は、個人的に興味が尽きません。でも、ここは本書のメインではないんですよね。
たいへん素晴らしい本なのですが、私の理解が及ばず…

著者の伊達宗行は、強力な磁場を発生させる「伊達マグネット」の考案者。仙台市生まれということは、独眼竜・伊達政宗の血を引く方なのでしょうか。

(7月25日読了)★★★
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

地球の危機か自由の危機か

2009年11月、英国イースト・アングリア大学の気候研究ユニットから、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)のデータが捏造されていることを示唆するメールが流出しました(クライメイトゲート事件)。
地球温暖化そのものが陰謀だとは思いませんが、地球温暖化対策は自然科学の範疇を超えて、各国の政治的・経済的利害と密接に関わっています。そして地球温暖化対策が絶対の正義となってしまうと、それに対して疑問を呈することは非常に難しくなってきます。



ヴァーツラフ・クラウスはチェコ共和国第2代大統領(2003年より現職)であり、フリードリヒ・A・ハイエクやミルトン・フリードマンの自由主義思想を受け継ぐ経済学者でもあります。
第二次大戦後、社会主義体制となったチェコは、1989年のビロード革命で民主化を達成しました。自由が著しく制限された時代を体験したクラウスは、自然保護を絶対視する環境主義が、社会主義に代わって自由を脅かすことに危機感を表明しています。

経済学者であるクラウスは、環境主義者が掲げる予防原則に異を唱えます。すべての発電所を風力や太陽光に代えることが、エネルギー効率が良いわけではありません。環境対策は費用便益分析でなされるべきであり、未来への投資は割引率と時間選好によって決定すべきだとします。
環境主義による統制よりも、価格メカニズムや経済成長による技術革新が、環境問題を解決するとの主張です。

チェコの大気汚染は、社会主義時代よりも大幅に改善されました。だからといって市場原理に任せておけば環境問題が解決するとは思いませんが、イデオロギーが自由を危機に陥れるとのクラウスの警告は、環境問題に限らず肝に銘ずべきです。
宗教のもつ明確な特徴のひとつは、事実を突きつけらても信仰が揺るがないことだ
‐マイクル・クライトン


(8月9日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
泰平の眠りを覚ます宇宙線
空に太陽がある限り
温暖化論議は冷静に(後編)
温暖化論議は冷静に(前編)
底抜けニッポン(中編)
エコロジーの国際政治学
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
悪魔は目を覚ますのか?
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:42| Comment(31) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

資源大国ニッポン

小学生の頃、石油はあと数十年でなくなるとか、日本は石油の99.8%を輸入に頼っていると知って、とても不安になったのを覚えています。
しかし石油は太古の生物の死骸だといわれても、なかなかピンときませんでした。そこで石油無機生成説とか、日本海底には大油田があるとの異説を唱える書物に興味を引かれました。そうした読書歴からか、日本近海のメタンハイドレートや海底熱水鉱床の話題には強く反応します。



かつて地球は、パンゲアと呼ばれるひとつの大陸でした。
大陸移動のメカニズムとして考え出された、プレートテクトニクス理論。海底熱水鉱床は、プレートテクトニクスを検証する過程で発見されました。

海底熱水鉱床には豊富な金・銀をはじめ、銅・鉛・亜鉛といったベースメタル、ガリウムなどのレアメタルが含まれています。日本の排他的経済水域(EEZ)は世界第6位であり、有望な海底熱水鉱床がいくつも発見されています。日本が一転して資源大国となる可能性が出てきました。
いま世界は、熾烈な資源争奪競争を繰り広げています。しかしながら日本の海洋探査は、外国製の機器に頼っているのが現状です。

海底熱水鉱床の周辺にはチューブワーム、ユノハナガ二、コシオリエビなどの特異な深海生物が生息しています。そのため生態系を破壊しない開発の方法が必要となります(例えば、熱水生物が棲息しない活動を停止した鉱床から採掘する)。
本書では触れられていませんが、独特の生態系を形成する海底熱水鉱床は、最初の生命が誕生したエデンの園かもしれないのです。

本書には著者・飯笹幸吉が、海底熱水鉱床の探査に挑んだ苦難の日々が綴られるとともに、日本の資源戦略に対する危機感も滲ませています。
海底熱水鉱床を単なる資源としてではなく、純粋な人類の知的探求の対象として描くことも忘れていません。海底熱水鉱床は、地球と生命の歴史を解き明かす科学のフロンティアなのです。

(8月2日読了)★★★★ 

【不純文學交遊録・過去記事】
いつか石油が無くなる日
レアメタル・パニック
タフな奴ら。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

大陸をみつめた王たち

古墳好きなもので…8月8日、福井市文化財保護センターの企画展「大陸をみつめた王たち」を見に行きました。
同センターが現在地へ移転して初めての企画展で、福井市内で発掘された古墳時代の遺物を展示しています(期間:7月17日〜8月8日)。

展示されているのは、福井市内最大の免鳥長山古墳(帆立貝式古墳)、金製垂飾付耳飾が出土した天神山7号墳(円墳)、小規模ながら副葬品が豊富な花野谷2号墳(前方後円墳/消滅)、公園整備された饅頭山1号墳(円墳)、そして古墳時代の住居跡である河合寄安遺跡からの出土品。
印象的だったのは、花野谷2号墳から出土した大きな勾玉と、鉄剣や鏡(乳文鏡・内行花文鏡)でした。

古墳は、古代のタイムカプセル。古代人が書物のなかだけの存在ではなく、実際にそこで暮らしていた証です。

【不純文學交遊館】
福井市文化財保護センター企画展
ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。