2010年09月05日

キョーサン主義も商品だ

20世紀の終わりに社会主義国家が次々と倒れて、東西冷戦が終結。
資本主義か社会主義かという大きな対立がなくなって、これからはリベラルな民主主義をベースにした資本主義体制しかありえない、これでもう歴史は終わったという人まで現れた。

ポストモダンの共産主義

ポストモダンの共産主義

価格:945円(税込、送料別)



ところが2001年の9.11テロで自由の国だったはずのアメリカは監視社会となり、リベラルな民主主義は崩壊。
さらには2008年の世界金融危機でグローバルな資本主義もダメになり、大損した銀行や証券会社を税金で救済しようっていうんだから、さあ大変。そういうのは自己責任で放っておくのが、資本主義のお約束じゃなかったっけ。
というわけで、資本主義は笑劇的な失敗を繰り返している、いまこそ共産主義の出番だぜ、と鼻息荒いのがスラヴォイ・ジジェクっていうスロヴェニア(旧ユーゴスラビア)出身のオジサン。「資本主義、お前は既に死んでいる!」って感じの皮肉たっぷりなツッコミは結構面白い。

ではジジェクさん。アンタのおっしゃるコミュニズムって、どんな社会なんだろう。
税金は高いの?
失業や貧困はないの?
思想言論の自由はあるの?
エネルギー効率はどうなの?
な〜んにも答えていない。問題提起としてはいいんだけど、解答からは逃げている。

そりゃあ、確かに資本主義は完全な制度ではない。
景気が悪くなれば失業者が出るし、経済はグローバルだと言いながら自国の産業は保護する。資本主義には矛盾がいっぱい。
でも、そんなことキョーサン主義者に指摘されなくたって判る。

コミュニズム思想だって、資本主義経済における商品だと思うわけ。
ジジェクさん、アンタの本って結構売れてるんでしょ、資本主義のおかげで。
リベラルな資本主義社会では、どんなに体制批判的なことを言ったり書いたりしても、収容所へ引っ張られる心配はないから安心だよね。

私だって、リベラルな資本主義が人類を幸福にする唯一絶対の解答だとは思わないし、資本主義に代わるユートピアを妄想するのは好きですけどね。

(8月22日読了)★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
あかきゆめみし
マルクスさんではありません


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。