2010年09月19日

織田信長ゆかりの劔神社へ

戦国大名・織田氏発祥の地である、福井県丹生郡越前町(旧織田町)の劔神社へ行って参りました。
越前国二ノ宮である劔神社は、織田信長が氏神として崇敬したことで知られています。国宝の梵鐘には「劔御子寺鐘 神護景雲四年(770年)九月十一日」の銘があり、奈良時代には既に神宮寺が存在したことになります。
記録に残る最初の神宮寺は霊亀元年(715年)、藤原武智麻呂の夢告により、越前国一ノ宮の氣比神宮に建立されました。劔御子寺も、氣比神宮寺に遜色ない歴史をもっているようです。

tsurugi2.JPG
劔神社

越前町織田文化歴史館では「神仏習合の源流をさぐる‐氣比神宮と劔神社‐」と題した特別展示を開催中(平成22年9月4日〜10月11日)。9月19日には「劔御子寺は日本最古の神宮寺か」と題して、青木豊昭氏(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館元館長)による記念講演会がありました。
織田は越前国敦賀郡伊部郷に属し、地名の由来は織り物の盛んなところ(田は水田ではなく、処の意)だそうです。この地の豪族である伊部氏の祖は、百済からの渡来人・乃理使主(『新撰姓氏録』)で、秦氏の一族だといいます。また、越前国には牛を殺して漢神(韓神)を祭ることを禁止する命令が出されており、奇しくも前回の交遊(『渡来の原郷』)にまつわる話が聴けました。
劔神社の祭神は氣比神宮と共通項が多く、氣比神宮が大中臣氏を神官にすると、対する劔神社は忌部氏を招き、両社は競うように社格を上げていきました。

青木さんのお話で、大変印象深かったことをひとつ。
各地の寺社の御本尊や御神体は、人目に触れることを嫌い、手付かずのまま放って置かれていることが多いそうです。そのため、落ち葉やネズミの糞に埋もれているのだとか。これでは宝物が盗難に遭っても分かりませんし、運良く盗品が見つかっても写真すら撮られたことがないのでは鑑定のしようがありません。
昔からの禁忌を守ることが、かえって文化財の危機を招いているのです。

【関連サイト】
越前二の宮 劔神社


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。