2010年09月26日

OTAKUはCOOL?

9月14日、ベルサイユ宮殿で村上隆の個展が始まりました。フランスの右派団体からは「宮殿に軽薄な現代アートを置くのは、歴史遺産を冒涜するものだ」と反発する声が上がっています。
そういえば、イオ・ミン・ペイが造ったルーブル美術館中庭の「ガラスのピラミッド」も、同様の批判に晒されました。

日本的想像力の未来

日本的想像力の未来

価格:1,155円(税込、送料別)



賛否はともかく、アニメーションをはじめとする日本のポップカルチャーは、海外で広く受容されています。
なぜ日本のポップカルチャーは、クールだと認識されたのか。クールジャパンは、日本経済を牽引するソフトパワーとなるのか。そしてオタクは、国籍・人種を超えたアイデンティティとなりうるのか…

本書は、東浩紀を中心とした東京工業大学世界文明センターでの国際シンポジウムを書籍化したものです(東京“工業”大学世界文明センターは、いまや貴重な人文知の発信の場なんだとか)。
シンポジウムには批評家だけでなく、現代美術家の村上隆、映画監督の黒沢清という製作者も参加。さらに海外の日本文化研究者も加わっており、日本的クールさとは何かを客観視できる内容です。
海外の研究者は「クールとは何か」について、未知であること(ジョナサン・エイブル)、非生産的であること(へザー・ボーウェン=ストライク)を挙げています。

アカデミックな話題であっても、シンポジウムとなると話し言葉で書かれるので、分かりやすくなります。
面白いのは、第2部の討論。
オタクよりもフリーターの方がグローバルな問題だと語り、クール・ジャパノロジーが安易にナショナリズムと結びつくことを危惧する毛利嘉孝に対し、東浩紀が猛反撃。追い討ちを掛けるように、自称ワーキングプアの若者なんて仕事を選んでいるだけだと、一蹴する宮台真司。議論はカルスタ(カルチュラル・スタディーズ)批判の様相に。

本書の構成は時系列とは逆に、1日目の内容が第2部、2日目が第1部です。
1日目(第2部)の討論には大塚英志も参加していたのですが、彼は書籍化を固辞したため、残念ながら発言が削除されています。
東浩紀の新刊に村上隆が出ているということで、なんとなく手に取ったのですが、意外に楽しめました。

(9月26日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
萌える資本主義


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:54| Comment(9) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。