2010年10月27日

棄てられた神



水蛭子あるいは蛭児と書いて、ヒルコ。
蛭(ヒル)といえば、ぬるりとした吸血生物であり、なんとも禍々しい名の神様です。

ヒルコ

ヒルコ

価格:1,680円(税込、送料別)



ヒルコは、イザナキとイザナミの最初の子として生まれました。アマテラス・ツクヨミ・スサノオの三貴神の兄にあたりますが、葦船に乗せられ海に流されてしまいます。
両親に棄てられたヒルコはどうなったのか、記紀は黙して語りません。本書は、神道研究家の戸矢学が謎の神・ヒルコの正体に迫り、もうひとつの建国神話を再現する野心的な試みです。
神話とは史実の反映であり、神々は実在した私たちの祖先です。そして神道は、古代人の思考体系であるといえます。

日本は四方を海に囲まれ、太古からさまざまなヒトやモノが渡来しました。日本列島に最初からヒトが住んでいたわけではありません(人類の起源はアフリカ大陸)。
スサノオを新羅からの渡来神(牛頭天王)だとする説があります。しかしスサノオが高天原から新羅のソシモリに天降ったのは、一時的に立ち寄っただけであり(しかも「ここには居たくない」と言って、すぐに出雲へ向かった)、いわゆる「朝鮮半島起源説」を厳しく戒めています。
では神々の原郷、高天原はどこにあったのか…

本書は冒頭で、いきなり衝撃的なことを書いています。それは天皇家に本来あった「姓」です。そこから導かれるキーワードは紀伊国、海人族、銅鐸、徐福伝説…ヒルコ神話から驚愕の真相が浮かび上がってきます。

(10月25日読了)★★★★★

【不遜文学交遊録・過去記事】
聖徳太子は怨霊か
陰陽師・明智光秀
邪馬台国は、ここにある。
消えた(消された?)神様


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。