2010年11月29日

クルマが生んだ近代建築

「住宅は住むための機械である」と言ったのは、近代建築の祖ル・コルビュジェ。
そのせいで「人間を牢屋のような味気ない住宅に閉じ込める無慈悲な合理主義者」だとの先入観を持ってしまったのですが、彼の作品を(写真や映像で)見て印象は変わりました。その意味するところは「住宅は、住む人にとって使いやすい機械のようであるべき」なのだと私は解釈しています。
また、彼の構想した「300万人のための現代都市」は、当時の過密で不衛生な都市を否定し、建築物を高層化して生まれたオープンスペースを緑地とするもので、自然との共生を視野に入れていたのだと感じました。

ル・コルビュジエの愛したクルマ

ル・コルビュジエの愛したクルマ

価格:1,680円(税込、送料別)



コルビュジェの生涯や作品を紹介した書物は数多くありますが、本書は「コルビュジェとクルマ」という異色の一冊。
ル・コルビュジェことシャルル=エドワール・ジャンヌレが生まれたのは、1887年。カール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが内燃機関自動車を発明した直後でした。機械が世の中を大きく変えていく時代に生まれ育ったコルビュジェは、自動車を建築や都市計画に取り入れた最初の建築家だったようです。

無秩序なクルマの流入が都市を殺したと考えたコルビュジェは、コンパクトなボディサイズに最大限の室内空間を確保したマキシマムカーを考案しました。
当時の自動車はボディとシャーシが別構造でしたが、マキシマムカーは軽量化に優れたモノコック(一体構造)を採用。1920年代に現代の小型車に通じる設計思想を持っていたのです。

本書はコルビュジェをめぐるクルマばかりでなく、サヴォア邸やユニテ・ダビタシオンなど、彼の建築作品もカラー写真で多数紹介されています。
コルビュジェを知らないクルマ好きにとってのコルビュジェ入門書であるとともに、建築好きにとっては彼の新たな一面を知る一冊となることでしょう。

(11月22日読了)★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。