2010年12月05日

火と水で神

日本人は無宗教だといわれます。とりわけ1995年のオウム真理教事件以降、宗教とはアブナイもの、語るべからずもの、近寄るべきでないものとされてきた感があります。
その一方で私たちは、神社に参拝し、仏式で死者を弔い、クリスマスを祝うなど、多種多彩な宗教的行事を受け容れています。また、占い・霊視・超常現象などオカルト・スピリチュアルに対する世間の関心は、一向に衰える気配がありません。

火・水

火・水

価格:2,205円(税込、送料別)



一種の語呂合わせですが、神とは火と水(カとミ)であるとの解釈があります。
宗教学者の鎌田東二と陶芸家の近藤高弘は、奈良県吉野の天河大弁財天社で、1997年から毎年、天河護摩壇野焼き講を行ってきました。豊かな森林が清浄な水を育む吉野で、護摩の火でオブジェを焼き上げる。まさしく神(火水)に捧げるセレモニーです。

この天河護摩壇野焼き講には、修験道から激しい反発があり、芸術界からは「近藤は怪しい宗教にかぶれた」と非難されました。しかし天河大弁財天社には、弘法大師こと空海が護摩の灰を焼き上げて造ったという「灰練り弁才天像」があります。天河護摩壇野焼き講は、決して無根拠で突飛なお遊びではなかったのです。
近藤高弘は、自らの手で骨壷を焼く「解器(ホドキ)ワーク」も提唱しています。

神の地・吉野で宇宙と生命のサイクルを表現する野焼きですが、天然の木を伐採して護摩を炊く行為はエコに反しないかと疑問が湧きました。事務局のミーティングでも、護摩で使う木をどこから持ってくるのか問題提起があったようです(どのように解決したかは不明…)。
鎌田東二は神秘体験を公言し、神道ソングライターを名乗って音楽活動を行うなど、学者にしてはパフォーマンスが過ぎるきらいがありますが、自称「アニミズム信者」である私は、現代におけるアニミズムの実践として天河護摩壇野焼き講のような試みは有りかと思います。

(11月22日読了)★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
アニミズム革命
【関連サイト】
天河神社
鎌田東二オフィシャルサイト
近藤高弘の世界


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。