2011年01月02日

天皇の正統性

1月2日、新年恒例の一般参賀が皇居で行われました。
不純総合研究所も、皇室の弥栄を祈念いたします。

【送料無料】天皇の思想

【送料無料】天皇の思想

価格:1,890円(税込、送料別)



今上陛下は第125代天皇でいらっしゃいます。
歴代天皇に北朝の天皇は数えられていません。1392年の南北朝合一で、北朝六代目の後小松天皇が第100代天皇となりました。
現在の皇室の祖先は北朝であるにも関わらず、南朝が正統となっているわけですが、後小松天皇は正統な南朝の後亀山天皇から譲位されたのですから、現在の皇室はやはり正統なのです。

南北朝時代、南朝が正統であるとして『神皇正統記』を著したのが北畠親房です。
軍事的には足利幕府が擁立する北朝が圧倒的に優勢でしたが、幕府内部で足利尊氏・直義兄弟が対立します(観応の擾乱)。これに乗じて南朝方の親房は京を奪還、北朝の皇族を拉致しました。北朝は一時、皇位継承者がいなくなったのです。
尊氏の執事である高師直は「天皇が必要ならば、木か金物で造れば良い」と発言したとされます。なんとも不敬極まりないですが、それでも師直は「天皇なんて不要」とは言いませんでした。

本書の主役である北畠親房について書かれているのは最初と最後のみで、大部分は鎌倉時代の朝廷史です。本郷和人は、鎌倉幕府は朝廷に対して非常に高圧的であり、天皇に権力はおろか権威すら無かったといいます。
『神皇正統記』が主張する南朝の正統性は、ハッキリ言ってご都合主義。では「天皇の超越性」は何に由来するのか、本書から満足できる回答は得られませんでした。超越性に理由など不要、天皇は天皇だからエライのだ、と言ってしまえばそれまでですが…
それでも朝廷側から描かれた鎌倉時代史は非常に新鮮で、勉強になりました。

(12月31日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
ウラ日本史


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。