2011年01月03日

気まぐれサンシャイン

国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)が、昨年11月29日から12月10日まで、メキシコのカンクンで開催されました。
日本政府は、米中および発展途上国に温室効果ガスの削減義務がない、京都議定書の第2約束期間を設定することに反対を表明したようです。
外務省・気候変動問題

【送料無料】移り気な太陽

【送料無料】移り気な太陽

価格:2,205円(税込、送料別)



地球の気候は、大気の温室効果によって温暖に保たれています。
温室効果ガスが増えると、地球の気温も上昇します。産業革命以降、大気中の二酸化炭素は増え続けています。現在、地球の平均気温は上昇傾向にあり、人為的な温室効果ガスの排出が原因だとするのが地球温暖化内因説です。
大気中の二酸化炭素は一方的に増え続けていますが、地球の平均気温の推移はそうではなく、むしろ太陽の活動周期とリンクしているとする説もあります。こちらは地球温暖化外因説です。

地球を暖めているのは、太陽からの放射エネルギーです。しかしながら、太陽放射の変動幅は0.2%しかありません。この程度では、気候にほとんど影響しないでしょう。気候変動が太陽活動とリンクしているなら、他にも要因があるはずです。
そこで注目されるのが、太陽活動の周期によって地球に到達する宇宙線の量が増減し、地球の気候に変動がもたらされるとする、ヘンリク・スベンスマルクの仮説です。詳しく知りたい方は、本書よりも『不機嫌な太陽』をお読みください。

17世紀半ばから18世紀初頭にかけては太陽黒点がほとんど観測されず、マウンダー極小期と呼ばれています。当時、地球の気候は寒冷化し小氷期となりました。
近年、太陽黒点数が著しく減少しているそうです。著者(桜井邦朋)が予測するように、地球は寒冷化に向かうのでしょうか?
今後も、地球温暖化論争を追跡します。

(12月30日読了)★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
地球の危機か自由の危機か
泰平の眠りを覚ます宇宙線
空に太陽がある限り
温暖化論議は冷静に(後編)
温暖化論議は冷静に(前編)
底抜けニッポン(中編)
エコロジーの国際政治学
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
悪魔は目を覚ますのか?
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。
やっぱり宇宙は面白い


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:27| Comment(20) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。