2011年01月24日

ミステリ好きならバカミスを読め!

ミステリには、バカミスと呼ばれるジャンルがあります。
意外な結末で読者を感嘆に導く文芸がミステリですが、意外性を過剰なまでにバカバカしく追求し、読者を笑い(時には怒り)へと至らせるのがバカミスです。
バカミスは作者が意図的に書く場合が多いですが、時には作者が大真面目に書いているのに、あまりにも非現実的な事件や非常識な登場人物のせいで、読者によってバカミスと認定されてしまう作品もあります。

【送料無料】新世界崩壊

【送料無料】新世界崩壊

価格:840円(税込、送料別)



倉阪鬼一郎は怪奇・幻想小説を得意とし、翻訳家としても知られていますが、年に一冊は必ずバカミスを手掛けています。
本書は、著者が自らバカミスであると高らかに宣言した作品です。

ロンドン在住の女殺し屋シンディが、ボスの指令でニューヨークに赴任。新世界アメリカ大陸で、新たなミッションに従事します。
このシンディ、時には西海岸のサンフランシスコへ出張し、さらには大西洋を股にかけて前任地のロンドンでも暗殺者稼業を続けます。まさに時空を超えた不可能犯罪…
日常の瑣末な事件の捜査に飽き足りない上小野田警部は、本格ミステリに登場するような芸術的な犯罪を解決する日を心待ちにしていました。
そんな上小野田警部が、特命でニューヨークへ。シンディこそ、長らく追い求めた芸術的な犯罪者に違いないと目星をつけた警部は、身の危険も省みず、彼女の館へと乗り込んだのです。

最初からバカミスとの断りがあるので、登場人物の言動には注意して読みました。人間だと思わせておいて、実は動物だったりしないか…とか。
シンディとの面会を待つ上小野田警部が時間を潰したレストランのメニューが、事件の真相と深く関わっているのは、すぐに察しがつきました。
とにかく、呆れるほどにバカバカしい結末。終盤で、伏線を張った部分を(〇〇頁)と、いちいち注釈を付けているのは目障りでした。

(1月10日読了)★★

【不純文学交遊録・過去記事】
ミステリの主役は「館」


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。