2011年01月31日

生命は宇宙で誕生した?(後編)

ピラミッドやナスカの地上絵を見て、人類の文明は宇宙人によってもたらされたとか、人類は宇宙人が類人猿に遺伝子操作をして生まれたのだと主張する人がいます。そんな人には是非とも「その宇宙人に文明を教えたのは何星人?」と聞いてみたいですね(笑)
パンスペルミア説にも同様の批判があります。最初の生命が誕生した場所を、地球上から宇宙空間へ先送りしたに過ぎないと。

【送料無料】生命の起源を宇宙に求めて

【送料無料】生命の起源を宇宙に求めて
価格:1,785円(税込、送料別)



生命の起源として有力視されているのが、深海底の熱水噴出孔です。熱水噴出孔の周辺には、酸素を必要としない嫌気性生物の生態系が存在します。
しかし、パンスペルミア説にも可能性を感じます。生命が宇宙で誕生したのではなくとも、生命の素となった有機物が宇宙空間で生成されて、彗星や隕石によって地球に飛来したのかもしれません。アミノ酸のホモキラリティー(分子の偏り)が、宇宙に由来するとの説もあります。
昨年12月には、リンの代わりに砒素を栄養とする細菌(GFAJ-1)がNASAによって発表され、地球外生命の可能性を示唆するものとして話題になりました。
「ヒ素で生きる細菌」の発見が生命の定義を覆した
(月刊化学2011年2月号)


1990年、ホイルとウィックラマシンジはイギリスの科学雑誌『Nature』に、インフルエンザの流行と太陽黒点の周期が連動しているとの説を発表しました。太陽活動が活発化すると地球に飛来する紫外線やガンマ線が増加し、ウイルスの遺伝子が突然変異します。人類は新しいウイルスに対する免疫がないので、インフルエンザが流行するというのです。
宇宙線の放射が生物の遺伝子に変異をもたらし、進化の原動力になったとするヘンリク・スベンスマルクや丸山茂徳には、先人がいたわけです。こちらは逆に、太陽活動が低下する(太陽風が弱まる)ことで、地球に到達する宇宙線の量が増えるとの説明ですが。
このアイデアの先駆的な例は、マイクル・クライトンの小説『アンドロメダ病原体』(1969年)でしょう。


著者の長沼毅は、深海や極地などの極限環境に生息する生物を研究する学者です。NHK総合テレビ『プロフェッショナル』にも出演しました。
本書は(学界でまともに相手をされない?)パンスペルミア説を信仰する、異端者の告白のように始まります。版元は化学同人という理工系出版社ですが、まるでトンデモ本を手に取ったかのような気分になりますので(笑)、先にNHKブックスから出ている『生命の星・エウロパ』を読んだ方が安心かもしれません。
木星の衛星エウロパは、表面を氷に覆われていますが、その下に海があると考えられており、地球外生命探査の候補のひとつです。

(1月22日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
生命は宇宙で誕生した?(前編)
資源大国ニッポン
泰平の眠りを覚ます宇宙線
タフな奴ら。
世界は〇〇で出来ている
【関連サイト】
NHKプロフェッショナル仕事の流儀


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。