2011年02月27日

カリスマ・カマタリ

大化の改新でおなじみ藤原鎌足に始まり、平安時代には摂政・関白として我が世の春を謳歌した藤原氏。その血脈は現在に至るまで1400年も続いています。
日本の歴代総理大臣のうち、西園寺公望と近衛文麿は藤原氏の一門です(ちなみに家格は近衛家が上)。

【送料無料】藤原鎌足、時空をかける

【送料無料】藤原鎌足、時空をかける
価格:1,890円(税込、送料別)



天智天皇の治世を支え、その功績で藤原の姓を賜った中臣鎌足。日本最大の氏族である藤原氏の始祖として、鎌足は神格化されました。
聖徳太子と並ぶ理想的な王権の輔佐役。
乙巳の変で蘇我入鹿を誅殺した武威の象徴。
維摩居士になぞらえられる世俗の仏教者。
また出生をめぐる逸話や、天智天皇(当時は中大兄皇子)と出会った蹴鞠のエピソードなど、彼の周囲は脚色で満ちています。

時代とともに増幅する、鎌足のイメージ。
本書は藤原鎌足を通して、歴史上の人物が神格化する過程を辿っています。いわば虚像としての藤原鎌足を分析した社会史・文化史の研究書です。政治家・藤原鎌足の実像や、大化の改新の謎を解き明かす本ではありません。
それはそれで十分に面白いのですが、やはり古代史の真相も気になりますね。

どうしても気になる「大化の改新」をめぐる謎
・中大兄皇子は、なぜ天皇になれなかったのか
・なぜ軽皇子が即位(孝徳天皇)したのか
・退位した皇極天皇は、なぜ重祚(再び即位)したのか
・皇族である中大兄皇子が、なぜ儀式に参列していないのか
・高貴な身分の中大兄皇子が、なぜ自ら暗殺の実行犯となったのか
・蘇我入鹿を暗殺した「韓人」とは誰のことか
・中大兄皇子の弟・大海人皇子が、全く関わっていない
・改新の詔には、当時まだ使われていなかった語彙がある
・大化の改新と同時に「天皇紀」「国紀」が焼失している
・大化の改新以外に、藤原鎌足の事績は不明…など

※蘇我入鹿暗殺事件は「乙巳の変」、その後に行われた政治改革が「大化の改新」です。

(2月27日読了)★★★★

【不純文学交遊録・過去記事】
教科書は変わる
黒幕は誰だ?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。