2011年03月27日

化石を見に行こう

日本列島はユーラシアプレート、北米プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの4つのプレートがひしめき合う世界有数の地震多発地帯であり、火山帯です。これらの地殻変動が、日本列島を形成しました。近年、地質学的に重要な場所がジオパークとして認定されています。
管理人は化石や鉱物を見るのが大好きでして、高校の理科もマイナーな地学を選択しました。福井県立恐竜博物館は、何度行っても天国です(恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークは、2009年に日本ジオパークに認定されました)。

【送料無料】化石図鑑

【送料無料】化石図鑑
価格:2,730円(税込、送料別)



この化石図鑑のサブタイトルは「示準化石ビジュアルガイドブック」。
示準化石とは、地層の地質時代を特定する手掛かりとなる化石のことです。生存期間が短く、分布範囲の広い生物の化石が用いられます。古生代を代表する示準化石は三葉虫、中生代を代表する示準化石がアンモナイトです。いずれも短期間に形態が変化し、多くの種に分岐しています。
一方、示相化石と呼ばれる化石もあります。こちらは特定の環境に分布する生物の化石で、出土した地層の環境を推定するのに役立ちます。例えばサンゴの化石は、その地層が当時は暖かく浅い海だったことを示すものです。

それぞれの地質時代を代表する化石たち。
本書に掲載された化石は、茨城県つくば市にある産業技術総合研究所の地質標本館に所蔵されています(現在、東北地方太平洋沖地震による被災のため休館中)。
巻末には化石が見られる全国の博物館やジオパークの一覧もあって、お出かけに便利です。

(3月4日読了)

【関連サイト】
産業技術総合研究所
地質標本館
【不純文学交遊録・過去記事】
図鑑の誘惑


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

中東危機は終わらない

国内観測史上最大のMw9.0を記録した東北地方太平洋沖地震から10日が経過。福島第一原子力発電所の状況とともに気がかりなのが、内戦が続くリビア情勢です。
3月19日、国連安保理決議に基いて多国籍軍が「オデッセイの夜明け」作戦を開始しました。まずフランスの戦闘機がリビア政府軍の車両を破壊、アメリカ・イギリスは艦船から巡航ミサイル「トマホーク」112発を撃ち込みました。

【送料無料】中東危機のなかの日本外交

【送料無料】中東危機のなかの日本外交
価格:1,050円(税込、送料別)



チュニジアで起こった民主化運動(ジャスミン革命)の波は、鉄壁を誇った中東諸国の長期独裁政権に衝撃を与えました。中東の雄を自認するエジプトでは、30年もの長期政権を維持してきたムバラク大統領が退陣。そして40年以上も最高指導者として君臨し続けるカダフィ大佐のリビアでも、反政府運動が激化しています。
世界を民主主義で覆うことを是とする欧米諸国は、中東諸国の反政府運動を弾圧することはしませんが、新しく生まれた政権が親欧米路線を採るとは限りません。

アメリカはなぜ中東で戦争を仕掛けるのか。本書は戦争経済で潤うアメリカの軍産複合体と、それを支えるイスラエル・ロビーの動向を分析しています。
著者・宮田律は、東西冷戦下で対米追随路線に異を唱えた石橋湛山を評価し、アメリカに対して主張できない現代の政治家を批判します。
ポツダム宣言受諾後に北方領土を占領したロシア(旧ソ連)、竹島を実効支配する韓国、秘密裏に核兵器開発を進める北朝鮮、そして尖閣諸島の領有を不当に主張する中国。これら周辺国を批判しながら対米追随を止めろと主張するのは、日本は自主防衛せよという論理につながるかと思うのですが、そこまで突っ込んだ議論はありませんでした。

(3月7日読了)

【不純文学交遊録・過去記事】
ドバイはヤバイ?
よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

日本一の大天狗

歴史好きな管理人が小学生の頃に夢中になったのが、源平の戦いです。
源平合戦といえば源義経の活躍が有名ですが、私は虚構じみた義経の英雄譚よりも新しい時代の創始者となった源頼朝が好きで、さらに敵役の平清盛も再評価すべきだと考えています。そんな管理人にとって真の敵役とは、頼朝をして「日本一の大天狗」と言わしめた後白河天皇(のちに上皇→法皇)であります。

【送料無料】後白河上皇

【送料無料】後白河上皇
価格:840円(税込、送料別)



後白河天皇は鳥羽天皇の第四皇子として生まれました。皇位継承とは無縁の境遇で、当時の流行歌である今様を愛好し、毎日歌い暮らしていました。ところが異母弟である近衛天皇が急死したことで、遊び人の皇子に皇位が転がり込んできます。
この皇位継承をめぐって、自らの院政の道を絶たれた同母兄の崇徳上皇は反発。父の鳥羽法皇が崩御すると保元の乱が勃発しました。その後も平治の乱、治承・寿永の乱(源平の戦い)と戦乱が相次ぐ時代を、失脚と政権復帰を繰り返しながら君臨し続けました。

平安朝のヒットソング集『梁塵秘抄』を著すほどの今様狂いで、政治的な定見がなく、後白河天皇は当時から暗主(暗愚な君主)と評されていたようです。その一方で、一度は対立した相手でも再び厚遇する度量の深さがあり、抜群の記憶力の持ち主だったともいいます。
(著者・遠藤基郎は、後白河天皇がアスペルガー症候群だったと考えています)
貴族から武士へと政権が移行する激動の時代を、天然なキャラクターで乗り切った後白河天皇は、まさにトリックスターと呼ぶべき稀有な人物といえるでしょう。

(2月28日読了)

【不純文学交遊録・過去記事】
貴族将軍の苦悩
サンチンセイコウブ
卑弥呼は箸墓に眠るのか?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

この国の明日。

平成23年3月11日午後2時46分、東北地方の太平洋沖を震源とするM(マグニチュード)9.0の巨大地震が発生。その後に襲った大津波では、さらに甚大な被害がもたらされました。同日には茨城県沖、翌12日には新潟県中越地方でも強い地震が発生しており、この地震に誘発されて起きたものと考えられます。
被災された方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興を願います。

このたびの地震を気象庁は、平成23年東北地方太平洋沖地震と命名しました。M9.0ともなると、将来の発生が予測されている東海地震・東南海地震・南海地震の三つが連動して起こった場合の想定規模(M8.7)をも上回る、世界最大級の巨大地震です。
東北地方太平洋沖地震では大津波による被害に加え、東京電力福島第一原子力発電所で原子炉の冷却が出来なくなる事故が発生し、予断を許さない状況となっています。東京電力圏内では電力供給の大幅な不足が予想され、計画停電が実施されることになりました。

今回は地震・津波による直接的な被害だけでなく、首都圏でも帰宅困難者の大量発生や電力不足といった問題が発生しています。今まさに「国土観」の刷新が求められているのではないでしょうか(国家観=政治・経済体制というよりは、地理観・インフラ観)。
・地震では地滑りなど土砂災害も起こります。今のようなスギばかりの山で良いのでしょうか。本来の自然な植生を取り戻すべきではないでしょうか。
・災害で交通網が麻痺すると、首都圏は大パニック。ネットワークを利用した遠隔会議や在宅勤務を促進すべきではないでしょうか。
・原発依存を見直すとなると、どのようなエネルギー体系が望まれるのでしょうか。また東西日本で異なる電力周波数は統一すべきではないでしょうか。
・原発の夜間余剰電力の活用を前提としたEV(電気自動車)の普及はどうなるのでしょう。世界の自動車メーカーのEV戦略は大きく変わるのでしょうか。
などなど、これらは個人の力ではどうにもならないほど大きな課題です。しかし私たちはインターネットを通じて世論を喚起したり、志を同じくする政治家に投票することができます。
ニッポンの明日のために…


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

平成22年度発掘速報展

3月7日、福井市文化財保護センターの平成22年度発掘速報展を見てきました。
(平成23年2月26日〜3月20日)

今回の目玉らしき展示は、新聞で報道された古墳時代前期の金属加工遺物。
古墳前期の金属加工遺物出土 福井の高柳遺跡
個人的お目当ては、昨年7月の第25回福井県発掘調査報告会で紹介された南北朝時代の烏帽子の実物。保存処理を終えて展示されました。紙と絹で作られ、表面は漆塗りだそうです。
太平記でおなじみの新田義貞・脇屋義助兄弟が陣を構えた石丸城跡から出土しました。

速報展とは別に、弥生時代の土器の数々も展示されました。
弥生時代までの土器は装飾性豊かでローカル色が強く、古墳時代に入ると地域性が薄れてデザインが画一化するそうです。

この他、江戸時代から昭和にかけて使われていた民具を見ることができます。

【不純文学交遊界】
福井市文化財保護センター平成22年度発掘速報展
【不純文学交遊録・過去記事】
土の中の祈り
大陸をみつめた王たち
福井県発掘調査報告会


平成22年度発掘速報展
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。