2011年04月30日

縄文の種

小さい頃からずっと思ってきたこと。
それは「農業の担い手は農家でなくてもいい」。

農家は後継者不足。爺ちゃん婆ちゃん母ちゃんの「三ちゃん農業」。
戸数は年々減少し、兼業農家の割合が増えています。
農家一戸あたりの耕地面積は狭く、高コスト。
兼業農家であっても、高価な農機具は自前で揃えます。
みんな休日に農作業をやるから、機械の貸し借りはできません。
農作業に手間隙を掛けられないと、農薬や化学肥料に頼ります。
農薬は害虫だけでなく、天敵である益虫も殺してしまいます。
農薬を撒く人自身の健康や、食品の残留農薬も心配です。

だったら農業は、農家ではなく企業がやればいい。
企業が農場を経営し、サラリーマンである従業員が農作業をする。
そうすれば後継者問題はなくなるし、農家の生まれでなくても農業ができます。
農業を大規模化すれば低コスト化・省エネルギー化が可能になり、農薬の使用も削減。
資本主義の論理を持ち込むことで、かえって環境にやさしい農業を実現するのです。
そもそも農業を始めたことが、人類による環境破壊の始まりでした。
人類の営為である文化(culture)の語源は、耕すこと。いわば農業は原罪です。
人間は都市に住み、農業は効率的に行い、あとは自然の生態系に戻しましょう。

日本は貿易立国であり、輸出だけでなく輸入することも大事な国際貢献です。
ただし、貿易は輸送に余分なエネルギーを消費します(フードマイレージ)。
食料の輸入は水資源の輸入であるとの指摘もあります(バーチャルウォーター)。
では、問います。
日本が輸出した太陽電池で、他国がCO2排出を削減しました。
太陽電池の製造過程で排出されるCO2は、日本が肩代わりしたことになります。
こんなのバカバカしいから、日本は工業製品の輸出をやめるべきでしょうか。
農産物であれ工業製品であれ、最も少ないエネルギーで生産できる国で作る。
それが限りある地球の資源の有効ではありませんか。

食料自給率(特にカロリーベースの自給率)なんて、どうでもいい数値です。
食料が安全に安定的に供給されるなら、国産でも輸入でも構いません。
世界の農業国は、食料を輸出したがっています。
それでも万が一に備えて、コメくらいは自給を維持しても良いでしょう。
私は、日本から農業がなくなっていいとは思いませんから。
日本の農業は生き残って欲しいし、また生き残っていけると思っています。
農業の自由化は、日本の農作物を輸出するチャンスでもあります。

消費税が10%になっても、食料品を非課税にする必要はありません。
農業の保護をやめれば、食料価格は下げられるからです。
(そもそも複数の税率があること自体が無駄な行政コストを生みます)
農林水産省の廃止こそ、最強の景気対策ではないでしょうか。
日本の農業を強化しても、政府の保護なくしては輸入作物に勝てないかもしれません。
その場合は、専業農家に限って所得補償をしても良いでしょう。

【送料無料】千年を耕す椎葉焼き畑村紀行

【送料無料】千年を耕す椎葉焼き畑村紀行
価格:1,890円(税込、送料別)



日本の農業は、過剰な保護を止めて世界に市場を開放し、企業の参入による大規模化を促進して、徹底的に自由化・効率化すべきです。
しかし農業の役割は、食料生産だけではありません。水田には水資源の涵養、洪水の防止といった、経済的な指標では計れない機能があります。日本の風土を育んできた昔ながらの田園風景や、里山を守るべきだとの意見もあるでしょう。
そこでアイデアがあります。機械や農薬や化学肥料を使わず、里地里山を保全し、伝統的な農村社会の民俗を継承する農家を、農業としてではなく重要無形文化財として保護すれば良いのです。
高付加価値な作物を少量生産するカリスマ農家は、食育やグリーンツーリズムの担い手ともなるでしょう。税金を投入して保護しなくても、十分に競争力があるかもしれません。

例えば、こんな農家。
平家落人伝説が残る、宮崎県東臼杵郡椎葉村。ここでは焼畑農耕が受け継がれ、縄文時代から栽培されているという在来種のソバの種を守り続けています。焼畑産のソバは粘りが強く、つなぎを必要としません。しかし値段が高く、収穫量も限られています。
椎葉村には「民俗学発祥の地」の碑が建っています。法制局参事官だった柳田國男は、有名な『遠野物語』を著す前年に『後狩詞記』(のちのかりのことばのき)で、椎葉村の焼畑について記しています。これが日本最初の民俗学文献です。椎葉村にユートピアを見た柳田ですが、のちに焼畑は自然の略奪であるとの批判的な立場に転じました。
アマゾンの熱帯雨林などで森林破壊の元凶とされる焼畑ですが、本来は自然のサイクルに則った持続可能な農業です。椎葉村では、山に火を入れる前に生き物たちに避難を促す祝詞を唱えます。
豊かな山の恵みと、それを守り続けた椎葉村の人々。日本には、まだこんな素晴らしい場所があったのかと思うと胸が熱くなります。

(3月20日読了)★★★★★

【関連サイト】
椎葉村ホームページ


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

LOVELOGの新機能を使ってみた

4月12日、LOVELOGの大幅なメンテナンスが実施されました。

ようやくトップページにもページ送り機能が付加。
カテゴリー別の過去記事が表示されるようになったのも良い(一番上の記事だけですが)。
タグは、関連した過去記事をリンクさせるのに使えそう。
twitterにも対応。以前から自分でtweetボタンを設置していましたが、必要なくなりましたね。
予約投稿は使ってみたい。下書きしているネタはいくつもあるけど、日々更新していくのは面倒なので。
個人的に一番助かるのは、FTPサーバーに保存されていたアップロードファイルが、LOVELOGサーバー内に保存されるようになったことですね。これまではホームページを更新するたびにLOVELOGのアップロードファイルが削除されて、BLOGから写真が消えてしまっていました。これでLOVELOGの背景に、オリジナル画像が使えるようになります。
早速カスタマイズしました。

画面が左右に間延びしてるのは、早く修正して欲しい。
時々、モバイルで表示されなくなるのも。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

エコな原発ありますか?(後編)

経済産業省の原子力安全・保安院は、福島第一原子力発電所事故を国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7に引き上げると発表しました。
頂点に達する国民の原発への不安。しかし電力需要を確保するには、既存の原発を止めることはできません。自然エネルギーでは安定した電力を得られませんし、かといって化石燃料の消費を増やすのも時代に逆行しています(私は地球温暖化の主因が二酸化炭素だとは思いませんが、化石燃料の消費削減は支持します)。
そこで安全かつクリーンな原子力エネルギーとして期待されるのが、トリウム原発です。トリウム熔融塩炉について詳しく書いた本がないかと探したところ、10年前(2001年)に刊行された本書に出会いました。

【送料無料】「原発」革命

【送料無料】「原発」革命
価格:735円(税込、送料別)



現在の主流の原子炉は、冷却材・減速材に水を用いる軽水炉です。
しかし、軽水炉には構造的な欠陥があるといいます。
・固体燃料は放射線で破損しやすい。燃料集合体の定期的な交換が必要。
・負荷追随性が低く、常時全出力運転となる。小型炉には適さない。
・水は高温で高圧となり、放射線で分解されると爆発しやすい水素を発生する。
・ウラン燃料からは、核兵器の原料となるプルトニウムが生成される。
原子力は火力・水力よりも発電コストが低く、出力が高いのでベース電力を担ってきました。しかし裏を返せば、建設コストが高いので大規模化によって発電コストを下げ、出力調整ができないため全出力で運転しているわけです。さらに今回のような大事故が起こると損害賠償は巨額となり、放射性廃棄物の処理コストも忘れてはなりません。原発(軽水炉)の経済性は幻だったのです。

「固体燃料から液体燃料へ、ウランからトリウムへ、大型から小型へ」
本書は原子力発電の3つの革命を掲げています。
トリウム熔融塩炉には、以下の利点があるとします。
・液体燃料は固体燃料よりも、製造や管理が容易。
・熔融塩(高温で液体になった塩)は高温でも常圧で、原子炉の安全性が高い。
・負荷追随性が高く(出力調整がしやすい)、原子炉の小型化が可能。
・トリウムは埋蔵量が豊富で、世界各地に産出する(ただし日本では採れない)。
・プルトニウムなど超ウラン元素をほとんど生成せず、放射性廃棄物が減少する。
・既存のプルトニウムを燃料に混ぜて焼却することができる。
これまでトリウム熔融塩炉が省みられなかった理由のひとつが、発電時にプルトニウムを生成しないことでしょう。原発は原子力の平和利用を謳いながら、実はプルトニウムを産出することで軍産複合体の一翼を担っていたのです。

あまりに良いこと尽くめで、本当にトリウム熔融塩炉に欠陥はないのか、かえって心配になりました(笑)。
原発立地自治体の首長が「40年以上経った原発は順次運転を停止し、新規建設計画は認めない。ただしトリウム熔融塩炉なら受け容れる用意がある」と宣言すれば、日本のエネルギー政策に大転換を迫ることになると思います。福井県の西川一誠知事、いかがでしょう?
ただ、日本の大学では原子力工学が衰退しており、将来を担う人材の不足が懸念されるところです。

(4月1日読了)★★★★★

【関連サイト】
NPO「トリウム熔融塩国際フォーラム」 (理事長:古川和男)

※本書は現在品切れのようですが、5月に『原発安全革命』として復刊されます。
【送料無料】原発安全革命

【送料無料】原発安全革命
価格:840円(税込、送料別)


ラベル:エネルギー
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:16| Comment(15) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

エコな原発ありますか?(前編)

東北地方太平洋沖地震から1ヶ月。
想定を超える津波で冷却機能を失った東京電力の福島第一原子力発電所は、未だ深刻な状況にあります。一方、東北電力の女川原子力発電所は15mの高台にあって、津波の被害を免れました。福島第一原発の事故は東京電力による人災であって、原発そのものの信頼性が崩壊した訳ではないのかもしれません。
しかし今回の事故により、日本国内で新たに原発を建設することは極めて困難になりました。また、原発の夜間余剰電力を活用することを前提としたEV(電気自動車)の普及にも、見直しが迫られることでしょう(「自動車の電気化」という大きな流れ自体は変わらないと思います)。



もはや原子力に未来はないのでしょうか?
最近、トリウム原発(トリウム熔融塩炉)が気になっています。
そこで目についたのが、この本です。

地球温暖化対策として、温室効果ガスを排出しない原子力発電所が世界各国で計画されています。しかしウランを燃料とする原発では、核兵器に転用可能なプルトニウムを含んだ放射性廃棄物が出ます。これでは原子力の平和利用を目指したはずが、かえって核拡散を招いてしまいます。
そこで注目されるのがトリウム原発です。ウランの代わりにトリウムを燃料とすれば、プルトニウムが発生しません。さらに燃料にプルトニウムを混ぜて燃やせば、既にあるプルトニウムを消滅させることができるのです。

著者・亀井敬史はガンダム世代(1970年生まれ)で、表紙にはガンダムのイラスト。
30年以上前に放送された『機動戦士ガンダム』のアニメーション第18話には、資源としてトリウム(作中での発音はソリウム)が登場するそうです。
希土類(レアアース)採掘時の厄介な廃棄物でしかなかった放射性元素トリウムは、地球環境と世界平和を守る救世主となるのでしょうか。

(4月1日読了)★★★
ラベル:エネルギー
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。