2011年05月16日

原子力に未来はあるか

5月6日、菅直人総理大臣は中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を要請し、14日には全ての原子炉が運転を停止しました。東海地震の予想震源域に立地し、活断層に囲まれていることから「世界一危険な原発」と揶揄する声もあった浜岡原発を止めたのは、菅総理の「英断」といえるでしょう。
福島第一原子力発電所の事故は津波による電源喪失が原因であり、原子炉自体は地震の揺れに耐えたとして、菅総理の要請に疑問を呈する声があります。しかし実際には、津波が到達する前に地震で損傷していたことが明らかになってきました。
先ほど菅総理の「英断」と書きましたが、唐突さは否めません。果たして総理に原発を止めた後の見通しはあるのか、甚だ心配です。ポスト・フクシマのエネルギー戦略を示すことが、政治の最大の責任であると思います。
また浜岡原発5号機は、外部冷却装置が故障しても原子炉自体が冷却を行う第3世代原子炉(ABWR)です。浜岡5号機がダメなら、日本にある原発のほとんど(第2世代原子炉)が危険ではないでしょうか。5号機は止めなくても良かったのでは。

【送料無料】エネルギ-問題!

【送料無料】エネルギ-問題!
価格:2,415円(税込、送料別)



ポスト・フクシマの日本のエネルギー戦略はどうあるべきか。
そのものズバリなタイトルの本があったので読んでみました。

まず、石油はなくなりません。使われなくなるだけです。エネルギーの主役が石炭から石油に代わったのは、枯渇したからではなく、それまで使い道のなかった石油を使えるようにする技術が生まれたからでした(ただし石炭は今でも現役であり、息の長いエネルギーです)。
石油はあと30年でなくなると、30年以上前から言われ続けてきたのに一向になくならないのは、確認埋蔵量が増えたことに加えて、産油国や石油メジャーが価格を維持するために可採年数をコントロールしてきたからです。埋蔵量が多すぎると原油価格は下がりますし、少なすぎると消費国は石油に代わる資源を模索し始めます。2008年の原油価格高騰は、消費国の石油離れを加速させました。

化石燃料がなくなることはありませんが、地球温暖化問題もあってシェアは低下します。風力や太陽光などの再生可能エネルギーは、補完的なエネルギーに留まりそうです。また燃料電池は、天然ガスや電気から生産された水素を利用する技術であって、資源問題の解決にはなりません。そうなると次代を担うエネルギーは、原子力ということになります。
20世紀を大きく変えた石油文明を生み出したのは、19世紀に開発された科学技術でした。すると21世紀を変えるのは、20世紀に生まれた量子力学や相対性理論です。相対性理論から生まれた原子力は軍事面では世界を一変させましたが、原子力発電の他には医療分野で用いられるくらいで、日常生活を大きく変えるには至っていません。つまり原子力エネルギーによる本当の革命はこれからだというのです。
ドイツは再生可能エネルギーの利用率が高い国ですが、不足する電力は隣国フランスから購入しています。そしてフランスの電力は8割が原子力です。

当分の間は石油が枯渇する心配はなく、極端な原油価格の高騰もないのなら、なにも原子力にシフトせずとも石油をクリーンに使い続ける選択肢もありではないかと思いました。ただ、日本の石油需要は政情不安定な中東に依存し過ぎているので、石油よりも埋蔵量が豊富で地理的な偏在もなく、CO2排出量の少ない天然ガスにシフトするのが良いかと思います。
それでも私は、原子力というオプションは放棄すべきでないと考えます。研究を続けていれば現在よりも安全で低コストな原子炉が実現するかもしれませんし、たとえ国内の原発がゼロになっても技術を海外へ輸出することが出来ます。40年以上経過した原子炉は順次運転を停止し、その間に第4世代原子炉であるトリウム溶融塩炉の開発を進めてはどうでしょう。

本書の発行は2010年2月。今年3月の東北地方太平洋沖地震で起きた福島第一原発の事故は未だ収束には至らず、原子力をめぐる状況は一変しましたが、エネルギー問題の全体像を俯瞰するのに役立つ一冊です。
個々のエネルギーの技術的な評価のみならず、人類がエネルギーを使う仕組みを作る人々(石油メジャー・核不拡散体制・気候変動に関する政府間パネル)の存在についても一章を割いています。また地球温暖化には異論があること、京都議定書には問題点が多いことも指摘しており、バランスの取れた本であると好印象をもちました。本書を読んでから再生可能エネルギーや次世代の原子力発電など、個々のエネルギーについて調べると良いでしょう。
近ごろ話題のトリウム溶融塩炉は、本書でも有望視されています。

(5月1日読了)★★★★★


ラベル:エネルギー
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:16| Comment(16) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。