2011年06月29日

伊勢神宮に隠されたもの

法隆寺の中門には、なぜか真ん中に柱が建っています。哲学者の梅原猛は『隠された十字架』で、柱は非業の死を遂げた聖徳太子の怨霊を封じ込めたものだと主張し、一大論争を巻き起こしました。
近年、建築家の立場から法隆寺中門の柱を考察して話題となったのが、武澤秀一の『法隆寺の謎を解く』です。今度は同じちくま新書から、伊勢神宮の成立をめぐる著作を発表しました。

【送料無料】伊勢神宮の謎を解く

【送料無料】伊勢神宮の謎を解く
価格:924円(税込、送料別)



伊勢神宮は、皇祖神・天照大神(以下、アマテラス)を祀った最も権威ある神社です。その起源を探ることは、日本国誕生の歴史を明らかにすることであります。
もともと、皇祖神はタカミムスヒでした。大和朝廷はたびたび朝鮮半島への軍事介入を行いましたが、高句麗軍に敗退します。軍事力の強化を図る大和朝廷は、北方の騎馬民族が信奉する天の神=タカミムスヒを、国家統一のイデオロギーとして輸入しました。皇祖神がアマテラスとなったのは、天武天皇の時代以降です。
論旨は、以前に交遊した溝口睦子の『アマテラスの誕生』(岩波新書)を踏襲しています。

本書は、神社をその起源からふたつに分類します。
ひとつは野外の磐座から派生した「ヒモロギ系」で、伊勢神宮に代表されます。
もうひとつは神と人が同じ建物で寝起きする神人共床の慣行から発展した「居館系」で、出雲大社がその代表です。
もともとは大王の宮殿や豪族の居館で神を祀っていたのですが、やがてそれは大王(天皇)の特権となります。しかし、出雲大社からは特権を剥奪できませんでした。
そうなると著者の次なるテーマは、出雲大社の謎でしょうか?

本書のクライマックスは、隠された「心の御柱」の意味でしょう。
今回は歴史学・神話学からの正攻法のアプローチであり、建築家ならではの視点は少ない気がします。個人的には溝口睦子の『アマテラスの誕生』を読んだ後では新鮮味は薄く、前著『法隆寺の謎を解く』ほどには楽しめませんでした。
なお著者・武澤秀一は、天武天皇と天智天皇は兄弟ではなかったとする立場のようです。

(5月16日読了)★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
アマテラスとタカミムスヒ
ふたつの法隆寺


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。