2011年10月16日

越の国の大首長

現在の北陸地方と新潟県は「越の国」と呼ばれていました。福井県坂井市には北陸地方最大の前方後円墳である六呂瀬山1号墳(墳丘長約140m)があり、第26代継体天皇の生母・振姫(第11代垂仁天皇7世孫)を輩出した一族の大首長墓であるとの説があります。

rokuroseyama.jpg
六呂瀬山古墳群(福井県坂井市)

長年にわたって福井県の遺跡発掘を主導してきた青木豊昭氏(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館元館長)の講演会が、10月16日に鯖江市まなべの館で開催されました。演題は「今北山古墳群と越の大首長」。現在進行中の今北山・磯部・弁財天古墳群(福井県鯖江市)の発掘成果とともに、越の国の古墳時代について熱弁を奮いました。
今北山古墳は墳丘長約78m、前方部が撥(ばち)型に広がった初期の前方後円墳です。有名な箸墓古墳(奈良県桜井市)と同じ形状であり、この地が早くから開けていたことを意味します。近々、市指定史跡から(県指定を飛び越えて)国指定史跡に昇格するとのこと。
発見された当初、今北山古墳は隣り合った円墳と方墳だと思われていました。若き日の青木さんが、ひとつの前方後円墳であることに気付いたのです。「先人の業績にケチを付けて、覆していくのが二番手の楽しみ(笑)」と語る青木さん。その後も次々と県内の考古学界を塗り替えていきました。
先述の六呂瀬山古墳群は、国道364号線の建設による崩壊の危機に直面しましたが、青木さんたちの尽力によって古墳の下にトンネルが掘られることになり、全ての古墳が保存されました。

会場には、青木さんの私物である三角縁神獣鏡と銅鐸が登場。真新しい光沢があるので一目で複製品だと判りましたが、それでも30万円はするそうです。講演で使う教材として購入したのだとか。
今回の講演は、さばえ遺跡発掘速報展(10月6日〜23日)の一環として行われました。冒頭で青木さんは、新聞の一面を飾るような新発見があったと宣言。詳しくはまだ明らかに出来ないのですが、弁財天古墳群周辺の壕の跡から弥生土器の破片が見つかり、倭国大乱との関連が想起される高地性環壕集落だった可能性があるそうです。
今北山古墳群・磯部古墳群・弁財天古墳群

【不純文學交遊録・過去記事】
またまた古墳と交遊


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。