2011年10月24日

一の宮めぐり

せっかく小浜市までやってきたので、福井県立若狭歴史民俗資料館の近くにある若狭国一の宮「若狭彦神社」と二の宮「若狭姫神社」にも行って参りました。

CA320027.JPG
若狭彦神社(上社)
祭神の若狭彦大神とは、山幸彦の名で知られる彦火火出見尊のこと。

CA320031.JPG
若狭姫神社(下社)
祭神の若狭姫大神は、海神の娘である豊玉姫命。山幸彦の妻となる。

若狭彦神社と若狭姫神社、参拝するのに順序はあるのか。資料館の職員の方に聞いてみました。
「特に決まっていないが、最近は一の宮めぐりが人気とかで、今はどちらも若狭一の宮を名乗っている。しかし本来は若狭彦神社が一の宮で、若狭姫神社が二の宮。やはり一の宮から行くべきでしょう」
というわけで若狭彦神社へ。帰路の無事を祈願しました。
ところが帰りに立て看板を見ると「@下社(若狭姫神社)→A上社(若狭彦神社)」の順序になっていました。
普通に考えれば、里にある下社が先、山にある上社が後ですよね。看板には「逆も可」と書いてあったので、まあ良しとしましょう(笑)

CA320034.JPG
帰りは、国道27号線沿いにある十善の森古墳(前方後円墳)にも立ち寄りました。

【不純文學交遊録・過去記事】
若狭国の古墳と交遊


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。