2011年11月14日

TPP交渉参加を支持します

11月11日、野田佳彦内閣総理大臣が「APEC首脳会合においてTPP(Trans Pacific Partnership:環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明しました。
野田内閣総理大臣記者会見(首相官邸)

民主党内の反対勢力に配慮した玉虫色の表現ではありますが、TPP推進論者である野田総理のこれまでの言動から、参加宣言に他ならないと思います。それなのに反対派の山田正彦元農林水産大臣が「これは参加表明ではない」と満面の笑みで総理の会見を歓迎していたのは、何度見ても笑えます。総理の慎重な発言を引き出したことで、農水族として最低限の仕事を果たし、これで有権者に顔向けができると安堵しているのでしょうか?(笑)

生産者が作りたい物を作り、商業者が売りたい物を売り、消費者は買いたい物が買える。自由な市場・自由な貿易は、世界のあるべき姿です。また、なんでもかんでも自給自足するよりも、自国で生産すれば高コストなものは輸入するのが、有限な地球の資源の効率的な分配であると思います。
ところが最近、保護貿易主義を掲げる論者が現れています。経済産業省官僚の中野剛志です。ブロガーの池田信夫から「読んではいけない本」の著者として名指しされたことで、かえって読んでみたくなりました。2ちゃんねるからデビューした経済評論家の三橋貴明、ジャーナリスト・東谷暁との共著によるTPP反対論です。



TPPといえば、日本の農業が壊滅するという話題ばかりが先行しがちです。しかし本書がいうようにTPP=農業問題ではありません。TPPには農業だけでなく24の作業部会があります。

1.物品市場アクセス
2.原産地規則
3.貿易円滑化
4.SPS(衛生植物検疫)
5.TBT(貿易の技術的障害)
6.貿易救済(セーフガード等)
7.政府調達
8.知的財産
9.競争政策
10.越境サービス貿易
11.商用関係者の移動
12.金融サービス
13.電気通信サービス
14.電子商取引
15.投資
16.環境
17.労働
18.制度的事項
19.紛争解決
20.協力
21.分野横断的事項

※物品市場アクセス分野は工業、繊維・衣料品、農業の三つの部会に分けられる。
※特定の分野を扱わないが、首席交渉官会議も一つの部会である。

本書の主張を要約すれば、TPPとは実質的に日本とアメリカの二国間協定であり、アメリカ政府の陰謀である。賛成派はTPPのごく一部に過ぎない農業を悪者にして、アメリカによる日本支配の片棒を担いでいる…ということになります。

「TPP=農業問題ではない」という主張には、大いに賛同します。ただし、私の場合は本書の著者たちとは違って、TPPという外圧がなくても日本の過剰な農業保護は断固廃止すべきとの立場です。
コメくらいは100%自給を維持しても良いと思いますが、778%ものバカげた関税は撤廃し、所得補償が必要ならば専業農家だけにすべきです。兼業農家は日本から消えてしまっても構いません。そもそも公務員の副業は法律で禁止されていますし、副業を社則で禁じる民間企業もありますが、なぜ農業の兼業は不問なんでしょうか。家業だから仕方なくやっている方も少なくないでしょうが、そんな農家に日本の食糧生産を支えてもらいたくはありません。
先ごろ、世界の人口は70億を超えました。TPPに参加すると日本の食糧輸入が増えて、世界の食糧価格が高騰するとの懸念も聞かれます。しかしながら世界の食糧生産は過剰であり、アメリカ・フランスなどの農業大国は国外に市場を求めています。
その一方で、深刻な飢餓に苦しむ貧困国があることも確かです。アフリカでは、植民地時代に部族や宗教を無視して引かれた国境線のせいで、未だ内戦が絶えません。政情不安定な国に、健全な農業を育成することが求められます。まずは、アフリカの内戦国に武器を輸出している世界第2位のGDP大国へのODAを、即刻停止しましょう。その分を貧困国の支援に回したらどうでしょうか。

日本の市場は既に十分開放されており、TPPに参加する理由はないとの意見もあります。それならばTPPに参加したところで国内産業にほとんど影響はなく、反対する理由もありません。むしろTPPへの参加で輸出がしやすくなります。
自動車には関税による保護が全くありませんが、輸入車のシェアは1割もありません。自動車は日本が最も高い競争力を誇る分野であると思われるでしょうが、自動車ほど輸入品の評価が高くて国産品の評価が低い商品はないでしょう。
混合医療を認めれば国民皆保険制度が崩壊するとの主張も、よくわかりません。保健診療に自由診療を併用すると保健診療対象分まで自己負担にされるなんて、おかしくはありませんか。
自由な市場では、消費者に商品を選択する権利があります。良くも悪くもTPPで私たちの生活は大きく変わらないでしょう。
いったん交渉に参加すると、日本に不利な条件になっても抜けられないと言うのなら、TPPそのものではなく、日本政府の交渉力のなさを批判すべきです。国際会議で各国のエゴが剥き出しになるのは当然のこと。それが嫌なら鎖国するしかないでしょう。かつて世界史上稀にみる経済成長を遂げた東洋の神秘的な島国として、孤立衰退の道を歩むのも悪くはないと思いますが。

TPPはシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国で発足しました。経済規模や文化の似た国同士なら締結しやすいでしょうが、多国間での合意となると、かなりハードルが高くなります。
それならば多国間で数多くの分野を合意せねばならないTPPよりは、個別にFTA(自由貿易協定)かEPA(経済連携協定)を、なるべく多くの国と結ぶのが良いのではないかと思います。もっとも、日米の二国間協議だとアメリカに圧倒されがちですが、多国間での交渉ならアメリカの横暴を防ぎやすいというメリットはあるでしょう。
国会議員ばかりでなく、都道府県知事にもTPP反対派がいます。日本が国を挙げてTPPに参加することに不安があるのでしたら、先行して市場開放を実施するTPP経済特区を、政府が募集してはどうでしょうか。経済特区となった地方自治体に、企業が進出したり人口が増加に転じたりすれば、頑固な反対派も考えが変わることでしょう。
いずれ日本がどこかの自由貿易圏に入らざるを得ないのであれば、出来てしまったルールに従うよりは、ルールの作成段階から参加するのが賢明というものです。

(6月13日読了)★★★


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

KARAモノ礼賛

いつの時代も、異国の文物は見る者に憧憬を抱かせます。中世において、支那からの渡来品は「唐物」と呼ばれて珍重されました。名品とされた茶器は、時に一国一城に値したといいます。
足利義満や織田信長が愛した唐物の世界と交遊すべく、福井市の愛宕坂茶道美術館を訪れました。文字通り、坂に面して建っているためエントランスは3階。企画展示室は2階へと降ります。
唐物の茶器は、足利将軍家や大名が催した「書院の茶」で用いられました。豪華な「書院の茶」に対し、質素な道具で精神性を重視したのが、村田珠光に始まり千利休が完成させた「わび茶」です。とはいえ展示されている建盞天目茶碗は、決して煌びやかではありません。室町時代の書画も展示されており、ちょっとした文人気分に浸りました。複製とは書いてないので、おそらく全て本物でしょう。
1階は常設展示室。日本の茶道の歴史を、戦国時代随一の文化人大名だった朝倉氏を中心に解説しています。こちらの展示品は一乗谷朝倉氏遺跡から出土した茶器の複製で、あまり見応え無し。美術館には「尚庵」という名の茶室も併設されており、当日は外国人のための茶道講座が開かれていました。

sadou.jpg
尚庵(愛宕坂茶道美術館)

福井市愛宕坂茶道美術館 企画展「唐物〜書院の茶〜」 9月28日〜12月11日


愛宕坂茶道美術館の向かいにある、橘曙覧記念文学館にも足を運びました。
橘曙覧は幕末の歌人。アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントンが演説で引用した「たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」など、日常の何気ない楽しみを詠んだ歌(独楽吟)で知られています。常設展示では「昭和のこどもたち」で知られる人形作家・石井美千子が、曙覧の素朴な生活ぶりを再現しています。
企画展示室では、銅版画家・山本容子の『himegimi@heian』が開催されていました。文学館でなぜ絵画?と思ったのですが、『不思議の国のアリス』にインスピレーションを得て『源氏物語』や『堤中納言物語』など日本の古典に登場する少女たち(なんとなく顔つきが本人に似ている)を描いた作品群で、立派に文学しているのでした。まるで『更級日記』の作者・菅原孝標の女のように、物語の世界に入りきって描いているのが伝わってきます。
平安時代のラノベである『源氏物語』(当時の純文学は漢文でしょう)の熱烈な愛好家だった菅原孝標の女は、いわば“世界最初のヲタク少女”ですね。

tachibana.jpg
橘曙覧が隠棲した黄金舎跡(橘曙覧記念文学館)

福井市橘曙覧記念文学館 秋季特別展「山本容子の姫君たち」 10月8日〜11月29日




【不純文學交遊録・過去記事】
歴史を動かした茶会
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。