2012年01月23日

美学+ミステリ

またひとつ、ミステリ小説の新人賞が誕生しました。海外モノのSFやミステリでおなじみ、早川書房が主催するアガサ・クリスティー賞です。
第一回受賞作となったのは、森晶麿の『黒猫の遊歩あるいは美学講義』。アガサ・クリスティーならぬ、エドガー・アラン・ポーの作品群をモチーフとした連作短編集であります。



語り手はポー(作中での表記はポオ)の研究者で、大学院の博士課程に在籍する女性。語り手が体験する不可思議な出来事の謎を解き明かすのが、24歳の若さで美学教授に抜擢された「黒猫」と渾名される男性です。
各章はポーの作品のみならず、古今東西の作家や芸術家の作品論を絡めて構成されています。例えば第一話の『月まで』は、ポーの『モルグ街の殺人事件』を縦糸に、ジョルジュ・オスマンによるパリの都市計画と日本の『竹取物語』が横糸として織り込まれています。

収録作品されているのは、以下の6編(カッコ内はモチーフとなったポーの作品)。
『月まで』 (モルグ街の殺人事件)
『壁と模倣』 (黒猫)
『水のレトリック』 (マリー・ロジェの謎)
『秘すれば花』 (盗まれた手紙)
『頭蓋骨のなかで』 (黄金虫)
『月と王様』 (大鴉)

美学者と云う人種は、こんなにも面妖な理由で死ぬのでしょうか。飛躍しすぎでは。
日常的には起こらない偶然で、たびたび登場人物が結びつくのも都合が良すぎます。
どんなに自然界が神秘的でも、これは絶対に有り得ないという現象まで発生します。
これらは虚構の世界の出来事だからと、許すしかないのでしょうか。
それからポーの作品を論じるのが語り手の院生ではなく、若き教授の黒猫君というのもしっくり来ません。出る幕のない彼女が可哀そう。

いろいろと文句を書きましたが「美学+ミステリ」という今まで読んだことのない作風は新鮮で、雰囲気は十分に楽しめました。
ペダンティックでスノッブな文章は鼻につきますが、こんな洒落た会話を誰かとカフェで交わしてみたくなる、そんな読後感です。
一言でいえば、薀蓄系日常の謎ミステリ。ちなみに著者は、大学院の芸術学研究科博士前期課程を修了しています。

巻末の選評では、ポーの『黒猫』のネタバレが強く批判されていました。
私は既読なので影響はありませんでしたが。

(11月27日読了)★★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。