2012年06月11日

ベーシックインカム

とある高収入タレントの母親が、生活保護を受給していたとの問題が発覚しました。
生活保護は所得があると支給されず、その支給額が最低賃金を上回ると、働かない方が得になるモラルハザードが生じます。



そこで浮上してくるのが、ベーシックインカム(BI)。政府がすべての国民に対し、最低限の生活を保証するために現金を支給する制度です。働いて得た分は上乗せとなるので、生活保護のように労働するインセンティブは失われません。起業や転職へのチャレンジも容易となります。
ベーシックインカムの目的は、単なるセーフティネットではありません。年金・雇用保険・生活保護などのあらゆる社会保障をベーシックインカムに一本化すれば、行政コストが大幅に削減されます(フラットタックスと併せて考える論者もいます)。行政がスリム化されると公務員が失業して、ベーシックインカムのお世話になる人が増えるかもしれませんが(笑)
個人に支給するのか世帯に支給するのか、収入に関係なく全ての国民に一律に支給するのか、運用については意見が分かれるでしょう。また、不正な受給(不正な住民登録等)の防止も必要です。

ベーシックインカムと同様のアイデアは、既に半世紀も前に考案されていました。
ミルトン・フリードマンが1962年に著した『資本主義と自由』では、負の所得税が提唱されています。所得が基礎控除額を下回る場合に(基礎控除額−所得)×所得税率を支払うというものです。
フリードマンは、教育バウチャーも提案しています。子供のいる家庭に、教育費に相当するクーポンを支給するのです。収入に関係なく現金がバラ撒かれる「子ども手当」では、政府の支出が育児や教育に使われるとは限りません。

『資本主義と自由』では、政府がしてはいけない政策の数々が糾弾されるとともに、それに代わるアイデアが掲げられています。今年でちょうど出版から50年。読んで楽しい類の本ではありませんが、未だに新しい経済学の古典です。
新装版の解説は「霞が関埋蔵金」を暴いたことで知られる元財務官僚、高橋洋一が書いています。

(1月1日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。