2005年01月23日

世界を掌に

いまどきの新書
永江朗著

新書が好きです。
ハードカバーでは大きいが、文庫だと手にした時の充足感が乏しい。新書のサイズは絶妙です(小説なら断然ノベルス派)。
いまや新書は百花繚乱。数多くの出版社がレーベルを持ち、書店の棚を賑わせています。先人の英知である哲学や歴史。現在の政治経済事情。最先端の科学技術。医療、健康、さまざまなジャンルの趣味。
新書を読めば世界が読める。まさに世界を掌にとることができます。
(1月23日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私も新書は便利だと思う。
Posted by 絹谷 龍弘 at 2005年02月21日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。