2005年02月21日

今頃ですが・・・

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
J.K.ローリング作


2004年9月1日の発売日に購入。上巻はすぐに読み終えたものの、上下セットで4,200円(税込)もする本を直ちに本棚の肥やしにするのは惜しいと思ったのか、下巻をしばらく封印しておりました。

復活した闇の魔法使いの手がついに魔法省に及び、ハリー達のホグワーツ校は査察官の監視下に置かれます。学校を自分たちの手に取り戻すための戦いが始まりますが、大切なあの人との悲しい別れが…。
ハリーが大きく成長する第5巻ですが、それ以上に気弱で落ちこぼれだった級友ネビルの成長が印象的でした。
何百万部も売れている怪物本。最後までちゃんと読んでる人は果たしてどのくらいでしょうか?

(2月19日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。