2005年03月22日

2005年は何の年?

夜の物理学
竹内薫著


2005年は、かのアインシュタインが相対性理論を発表してから100年、そして彼の没後50年にあたります。そんなわけで、今年は国連の世界物理年だそうです。(http://www.wyp2005.jp/)

昼間の物理学が専門の学生を対象にするものなら、本書はビッグバン理論から超ひも理論、インフレーション宇宙にホーキングの虚数宇宙、さらには今のところ証明されていない異端の学説までをエッセイ風に紹介する、物理学の課外授業です。
数式は判らないけれど、宇宙論を楽しみたい!という、管理人のようなブンガク部出身者も多いはず。
(3月21日読了)



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。