2005年04月24日

反日の現場を行く


連日報道される、中国での反日デモ。背景には日本の教科書採択問題と小泉首相の靖國神社参拝があるとされています。
周知の通り、井沢元彦氏はいわゆる自虐史観批判派の代表的人物であり、その立場を“偏っている”と言う人もいるでしょう。ただ、中国の反日行動の理由が日本の歴史教科書の内容にあるのなら、当の中国の歴史教育はどうなっているのかを問うことも必要です。
本書では中国の南京大虐殺記念館、韓国の独立門などの反日教育の拠点を実際に訪れます。そして中国で反日教育が強化されたのは実は最近(江沢民政権下)になってからであること、人民日報の記事で信用できるのはタイトル(人民日報)の四文字だけであることなどが明かされます。
また、四方を囲む海が異国の侵略を防いできた日本と違い、常に大陸勢力の脅威に晒されてきた朝鮮半島が、日本の侵略行為を強く非難するのは当然と言えば当然かもしれません。しかしながら反日教育が自由に歴史を論じること自体を阻んでいるのは、日韓双方にとって不幸なことです。
(4月24日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。