2005年05月05日

助教授の生き様U



前作工学部・水柿助教授の日常で、研究者のおかしな生態を惜しげもなく披露してくれた水柿君と妻の須磨子さん。第二作で水柿助教授はなんとミステリィ作家デビューを果たしてしまいました。大学で本業以外の雑用に追われつつ、小説を書き続ける水柿君。
ますます森助教授・ささきすばる夫妻を連想してしまう…これって、もしかしてノンフィクション?
(5月4日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。