2005年07月18日

どうして豊かになれないの・・・


世界第二位の経済大国なのに、豊かさが実感できない我が国。
“産廃Gメン”として不法投棄と闘ってきた著者が、大量廃棄社会ニッポンの豊かさの欺瞞に挑みます。

そのトリックは、スクラップ&ビルドの繰り返しで、フローであるGDPの数字だけが大きいこと。資産価値の無い耐用年数の短い住宅を建て替え続け、残るは住宅ローンだけ。要するに自転車操業ってことですね。だから将来の人口減少社会に怯えるのです。
少子高齢社会を迎えるには、高回転の使い捨て経済で見せかけの数字を稼ぐのではなく、豊かなストックが蓄積される経済へのシフトが求められます。ストックとは永く住める住宅であり、歴史や自然であり、人とコミュニティであります(将来は極東の神秘的な元・経済大国として観光立国で生き残れってことかな?)。

この本に敢えて難クセをつけるなら、著者(千葉県庁勤務)が地方分権を過大に評価していないか…ということですかね。地縁血縁の強い地方こそ、中央政界以上に汚職や談合の巣窟かもしれないのに。

(7月18日読了)

著者は自動車リサイクル法を、固定化された料金による擬似社会主義制度として批判しています。どうせリサイクル法なんて、道路公団民営化後の天下り先の確保なんでしょうね。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:18| Comment(5) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この著者の本を私のブログで少しとりあげました。
もう少ししたら、詳しく紹介したいと考えています。
Posted by オオクボタケヒト at 2005年09月19日 00:14
期待しています!
Posted by 管理人 at 2005年09月23日 20:21
ゴミ問題について、少し書いてみました。
是非、ご覧下さい。
Posted by オオクボ at 2005年10月31日 21:49
早速、お邪魔いたします!
Posted by 管理人 at 2005年11月01日 12:42
コメントありがとうございました。

おかげさまで、私のコメント欄が白熱しています。全国のダイオキシンに興味ある人みんなに、読んでもらいたいです。
Posted by オオクボ at 2005年11月02日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スクラップエコノミー
Excerpt: タイトル:スクラップエコノミー 著者:石渡正佳 発行所:日経BP社 発行:2005年6月27日 を読みました。 本書によると、 スクラップエコノミーとは 「古いものを壊すことによって新しいものを建..
Weblog: よろしくどうぞ
Tracked: 2008-01-31 21:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。