2005年07月24日

希望があるなら、まだいい・・・

希望格差社会
山田 昌弘

“ひきこもり”の斎藤環を読んだら“パラサイト・シングル”の山田昌弘を読まないわけにはいかないでしょう…?!
大学を卒業しても企業に就職できず、大学院を出たのに研究者にはなれない。日本経済を支えていた進学⇒就職のパイプラインは、入口よりも出口が狭くなり、機能不全に陥っています。
いつかは学歴相応の仕事に就けると思い、あるいは自分を一生養ってくれそうな配偶者との出会いを願い、それまでフリーターで食いつないでいこうとする、しかし叶わない。希望と現実の格差が広がる時代の到来です。
しかし“希望格差社会”なら、希望のレベルを下げればいいんです。
本書の冒頭には、5年後の生活の見通しが立たないのに老後の心配なんてできないと言う、年金未納のフリーター青年が登場します。たとえ私たちが今後も定職に就けて、たとえ年金が無事に受給できたとしても、希望を失った元・若者による自暴自棄型犯罪の巻き添えを食わないという保障はありません。
本当に恐ろしいのは“希望皆無社会”です。
(7月23日読了)
本書は、高収入者同士が婚姻する“強者連合”が増え、個人収入以上に家庭収入の格差が広がり、近年家族は格差を緩和するどころか拡大するものとして機能し始めていると指摘していますが・・・似た境遇の者同士が出会い易いのは、むしろ当然なのでは。こうした傾向が近年顕著になったというよりは、これまでは誰もが右肩上がりで収入が増え続けていた為に問題にされなかったこと(学歴・職業による厳然たる階級の存在)が露呈したと考えるべきではないでしょうか。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。