2005年10月24日

図鑑の誘惑…つづき

オンライン書店ビーケーワン:恐竜博物図鑑

『恐竜博物図鑑』を読んだのは、実は恐竜博物館へ行くための事前準備だったのでした。
世界初公開・中国産始祖鳥、日本初公開・本家ドイツの始祖鳥の実物化石と交遊して参りました。

『不純文學交遊界』不純文學交遊館
http://www.h6.dion.ne.jp/~fujun/


ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
博物館に行くのに事前にリサーチするのと
しないのじゃ行った時の感動が違いますよね!
Posted by ambush at 2005年10月27日 18:07
はい、事前準備をしておいて良かったです。
復元イラストでは迫力満点の始祖鳥ですが、化石は意外と小ぶりでした。

(追記;画像が重いようでしたら、圧縮します・・・)
Posted by 管理人 at 2005年10月28日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。