2005年11月27日

タフな奴ら。

生物が生きていくためには太陽が必要…だと学校で習った記憶のある方は多いと思いますが、実は太陽の光が届かない深海や地底にも、豊かな生命の世界が広がっていることが明らかになってきました。



暗黒の深海底の、数百度にもなる熱水噴出孔。そこにはチューブワームが群生し、シロウリガイやシンカイヒバリガイの生態系があります。熱水噴出孔は、最初の生命が誕生した場所と考えられるようになってきました。
さらに驚くべきは地下生物圏の存在です。地下の岩石の隙間には微生物の世界があり、地下微生物の総量(バイオマス)は2兆トン(炭素重量)と推定され、これは全ての動植物のバイオマス1兆トンをはるかに上回ります。
深海や地下深くの過酷な環境で生きる、タフな奴ら。そこは彼らにとっては快適な環境なのです。
そこから導き出されるのが、地球外生命の存在。太陽から遠く離れていても、そこに水と熱源があれば生命が存在することは可能です。
もっとも期待されている天体は、木星の衛星・エウロパです。表面を覆う氷塊の下には、海があることが確実視されています。
生命の大いなるに可能性に魅了される一冊です。

2007年9月18日放送
NHK総合プロフェッショナル「地の果てにこそ、真実がある 生物学者・長沼毅」

(11月26日読了)


地球の生命は何度か大絶滅を経験していますが、地球史上何度か起こった「海洋無酸素事件」が原因だとする説があるそうです。
NHKは不祥事続きですが、NHKブックスは面白い本がいっぱい。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:30| Comment(4) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(*^ー^)ノ

TBありがとうございます。
この本は自分ももっていて読みました。

エウロパの話以上に地球の生命の話が書いてあっていい本だと思います。
自分も勉強になりました。
長沼先生も極限環境の生物(特に海と地下ですが)を研究していて面白い先生です。

fujunさんが読んだということは・・・この本からネタをとることができなくなってしまった・・・(ノд・。) グスン
Posted by miya11 at 2005年11月27日 01:36
miya11様

私もタイトルにある「エウロパ」よりも、深海生物と地下生物の話が面白そうなので手に取りました。

この本のネタは、遠慮せずにご自身のblogで紹介してください。私が書いたのは、この本の面白さのごく一部ですから。
それに、読む人が違えば紹介の仕方も違います。ぜひ、生命科学者の視点で採り上げてください。
Posted by 管理人 at 2005年11月27日 01:49
こんばんは!
最近miya11さんの影響で深海生物や地下生物の分野が面白い事に
気づきました。これは入門書としても凄く読みやすそうですね。

>遠慮せずにご自身のblogで紹介してください。
当方もfujunさんに同意見です。人の興味は、知らない事を知りたいと
思うことと、知っている事を他人がどう思っているのかに興味が
注がれているとおもいます。
Posted by ambush at 2005年11月27日 20:57
私は、生命=熱水噴出孔起源説と熱水鉱床に興味があったので、miya11様のblogへお邪魔するようになりました。
私は単なる市井の好事家なので、研究者の視点からこの本を紹介して欲しいと思います。

ambush様のblogへお邪魔するようになったのは、乗り物が好きだからです(笑)。航空機やロケットの話題が豊富なので。
文学部出身だけどメカフェチの管理人でした。
Posted by 管理人 at 2005年11月27日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

そして木星の衛星エウロパ (Europa)
Excerpt: 昨日の木星の衛星イオ (Io)で書いたように、エウロパ(Europa)もまた、木星のガリレオ衛星の1つです。 4つのガリレオ衛星が木星の周りを公転している。 木星に近い方から木星に近い方か..
Weblog: Amazing Life
Tracked: 2005-11-27 01:30

熱水噴出口と木星の衛星エウロパ・・・
Excerpt: 生命の素は熱水噴出口でできた・・・そしてこれは地球の生命の誕生だけでなく、木星の衛星エウロパに生命が存在する可能性を大きく膨らませる。 こんな事を想像させてくれる、いや現実的に考えても良いなんて結果が..
Weblog: Amazing Life
Tracked: 2006-01-01 20:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。